Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【動画あり】GoProと一脚メインというシンプルなスタイルでハイキング映像を作る

      2015/05/28

goproシンプル.001

さて、ちょっと前になるんですが、GoProを持って六甲山にハイキングに行ってきました。
日頃の運動不足もあるので、今回は極めてシンプルスタイルで道具を削ぎ落としての撮影スタイルです。

説明の前に完成した映像はこんな感じです。

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

今回の映像で使用した撮影レシピは以下の通りです。

1、何はなくともGoProです。

残念ながらまだGoPro HERO 4は手に入る様子はないので、GoPro HERO 3+のブラックエディションです。

2、軽量化のためのGoPro NEWフレーム

GoProってケースをつけると(ちょっとだけど)かさばって、重さも増すんですよね。
雨に濡れなかったりアクションがない時にはコチラのフレームがお気に入りです。

3、背面液晶ディスプレイ

iphoneでもモニター出来るのですが、wifiを接続しているとそれだけでバッテリーの消耗が激しくなるので
コチラのモニターで確認するのが便利です。

4、GoPro用じゃない一脚

これはGoPro用じゃないんですが、愛用している一品です(笑)
持ち手が細いので、多分GoPro用に開発されている一脚の方がいいと思います。

5、長時間バッテリーGoPro ALL DAY

タイムラプス等する際に、しばらく置いておくのにバッテリーの長時間持つタイプとしてかなり心強いです。
ちなみにこちらはGoPro HERO 3+のハウジングにしか装着できないので、購入の際はご注意を。

6、簡易三脚

これもタイムラプスをする際にのみ使った便利アイテムです。
手持ちのグリップにも変更するので、荷物を増やしたくない旅映像なんかではこれは嬉しいアイテムです♪

7、忘れちゃいけない「モバイルバッテリー」

予備のバッテリーはありますが、やはり一つもっておけば安心です。
フル充電でiphoneは5回くらい充電出来るのが心強い。

 

GoProと一脚だけでもかなり面白い。

なんだかんだで、7つくらいのアイテムになりましたが、メインで使用したのは
GoProと一脚のペアでの使用でした。

地面に固定すれば手ぶれ防止にもなるし、ローアングルもハイアングルも全てこなせる
万能アイテムだと改めて思いました。

そういえば、近所の大阪城に散歩に行くと外国人の方がこのGoProと一脚という組み合わせで
撮影を楽しんでいる方をたくさん見かけます。

あ、そういえばこないだ参加したカラーランのイベントでもGoProではなかったですが
スマホの自分撮り用の一脚を持った方がかなりたくさんおられました。

 


がっつり作る場合はこれでは心もとないかもしれませんが、今回のようにゆるーい感じでの
記録映像なんかをする時は、かなり遊べるアイテムだと思います。

GoProを買ったから必ず持っておきたいアイテムの一つです。

 - GoProチャンネル