Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

GoPro x BMX動画「撮影の裏側」本編でカットしたシーンの解説最終回 〜ヘルメットから自撮り〜

      2015/05/28

ヘルメットからじどり

BMXライダー吉村樹希敢闘 選手のライディングの模様をGoProで撮影した動画の裏側について
記事にしていきます。

5回のシリーズに分けて「GoProマウントと撮れる映像」についての解説をいたします。
早いもので、今回がこのシリーズの最終回となります。

今回は最終回にふさわしい(?)「ヘルメットから自撮り」マウントについて

 

まずは本編をどうぞ

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

使用したアイテムはコチラ

 

撮影はウェアラブルカメラの代名詞、「GoPro HERO 3+ BK」

そして今回の肝になるアイテムがコチラ

コレは以前、ネタ的に撮影したままそのままお蔵入りするのではないかと思われた
マウントでしたが、まさか再び日の目を見ることになるとは思いませんでした。

購入当時のブログ記事はコチラ

上記のブログリンクでもあるように、見た目かなり怪しいです。

撮影のためにわざわざ早起きして撮影した過去動画はコチラです。

 

この動画以降、装着して走る勇気がなくて、このまま一生使わずに終わるかと思っていたので
今回、吉村選手が快く装着を許可していただいた時は、あまりにも嬉しかったので、
写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

そんな「黒歴史」も踏まえて撮影された映像がコレだ!

このアングルやっぱりいいな〜。

なんというか、GoProらしさが一番出てる感じしませんか??(自分だけ?)
コレ、普通のカメラだったら絶対に撮れない画だと思うんですよね。

ジャンプした時の地面との差とかも浮遊感があって面白いし、
さらに頭が固定されていることによって激しい動きをしているにも関わらず
見た目的にもブレがあまり気にならない。

こんなことに注意して撮るといいかも

1、ネジの増し締めは必須。

IMG_6713

GoProは確かに軽いかもしれませんが、エクステンションアームを付けてヘルメットを被ると
かなりの重さを感じます。

ましてやBMXのような激しい動きが連続であると、ネジがゆるんでしまいます。
「除夜の鐘」を鳴らすが如く、顔面にGoProがぶち当たる可能性もあります。

GoProはネジで手でネジを締められますが、さらにドライバーで増し締めを絶対に
行うようにしてください。

 

2、アングルはしっかり見ておくこと

これどういうことかと言うと、ちょっとでもズレると取り付けている
エクステンションアームが画面に映り込んじゃうんですよね。

些細なことかもしれないんですが、

「ウルトラマンの背中のチャックが発見される」

それくらいの「敗北感」が出ます(笑)

重さを軽くするために、背面ディスプレイは取り付けるを避けるため、スマホのアプリで
プレビューでしっかりと事前の画角を調整する必要があります。

さらに、設定としては背景もたっぷり入れたいので、「スーパービューモード」で広角に
しておくことをおすすめいたします。

 

特典映像を制作した目的について

 

さて、一気に作り上げ、そして一気に書き上げた「制作の裏側記事」ですが
参考になりましたでしょうか?

今回このように書かせていただいた背景としましては、本編の映像でもお伝えしている通り、
BMXの普及においてはまだまだ課題があり、もっと認知度を高める必要があります。

ブログや動画を上げることによって、さらに色んな方からのコメントや質問等もいただきました。

詳細は以前のブログ「BMX普及コンテンツの反響がスゴい事に」をご参照ください。

自分が一人で作るには時間的にも限界がありますが、現段階でBMXに乗られている方自身が
撮影して、もっとコンテンツが増えていったら、全体の活性化にもつながるのではないかと思い、
つたないノウハウではありますが、今回このように動画と記事にまとめさせていただきました。

また、「GoPro」という現在注目のあるデバイスに関するノウハウを知りたいと思って
この記事に触れたのがきっかけでBMXに興味を持つといううことも考えられます。

入り口は色々あっていいと思います。この記事がきっかけとなり、一つでも多くの
可能性を広げることにつながればと思って記事にさせていただきました。

もしよろしければ、以下の本編の動画を、TwitterやFaebook等でもシェアいただければ幸いです。

 

 

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

 

 

 

今回は5回に渡って、「GoPro装着時の解説」をお伝えしましたが、まだまだ
撮影の裏側ネタはありますので、また改めて記事にしていきます。

 

 - GoProチャンネル, 自転車関連 ,