Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

GoPro x BMX動画「撮影の裏側」本編でカットしたシーンの解説その2 〜ヘルメットから前方〜

   

ヘルメットから前方

BMXライダー吉村樹希敢闘 選手のライディングの模様をGoProで撮影した動画の裏側について
記事にしていきます。

5回のシリーズに分けて「GoProマウントと撮れる映像」についての解説をいたします。
第二回目は「ヘルメットから前方」を撮るシーンについて。

 

まずは本編をどうぞ

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

使用したアイテムはコチラ

 

撮影はウェアラブルカメラの代名詞、「GoPro HERO 3+ BK」

マウントは標準でついている「ベースマウント」をヘルメットにそのまま貼付けたシンプルマウントです。

装着した吉村選手の勇姿がコチラ

IMG_7687

 

 

 

こんな画が撮れました

 

ある意味これが一番「正当派」の撮り方かもしれない。

プロライダーと同じ視点で、コースを体験できるエキサイティングな視点が楽しめます。

 

こんなことに注意して撮るといいかも

今回はアクション要素の多いBMXでのヘルメットマウントにしたので、動きも含めて面白いのですが、
普通に使う分には意外と「ブレ」が気になったりします。人間の視線の方向でもかなり頭の向きが
変わったりするので、あえてその動きが面白い以外に使うと、長く見ているにはちょっとキツい映像に
なる可能性が高いといえます。

あと、これは撮影とは関係ないんですが、シールでくっつけるのではがす時、かなり苦労します(笑)

一瞬諦めて、樹希敢選手のヘルメットにそのままにしておいて、樹希敢選手が有名になった際に、
「樹希敢のヘルメットについてるGoProマウント、オレのなんだよね」

 

って自慢するのもアリかと思いましたが、誰も得をしないと思ったので、かなり苦労しましたが剥がさせていただきました。
コツとしては、ドライヤーで暖めながら剥がすと比較的はがれやすいです。

次回はコチラの映像について解説していきます。

 

 

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

 

 - GoProチャンネル, 自転車関連 ,