Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

孤独の「独学動画編集」で渡り歩いてきた機材を振り返る(2003-2014)

      2016/02/21

機材の歴史.001

なんだかんだで、独学でやってきた「動画編集」ですが、振り返ってみれば
かなり紆余曲折というか、結構遠回りしてきたなとふと思いました。

そこで今回は、今の自分に至るまでに「どのような機材を使ってきたのか」
ということを振り返ってみようと思います。

 

2003年 初めて触れたのはコンパクトデジカメだった。

 

Canon IXY

Canon IXY

Canon IXY DIGITAL L

このプラチナーシルバーを買ったのが一番最初のいわゆる「動画」との
出会いだったと思います。

ただこの時は別に編集するとかは全くせずに、「デジカメで動画も撮れるんだ」くらいの感じで
普通に動画で撮影したものを再生画面で見る程度のものでした。

今改めて見てみると、動画ファイルのスペックも今と比べるとかなり低い
320×240の画角で、フレームレートは15fps

確かにこれでは、かなり満足の行くものは撮れなかっただろう。
今だったらスマホの方が、キレイだろう。

時代の進化というものを感じる。。。

 

2004年 DVDライターについていたおまけのソフトで「編集」に触れる

 

これは完全におまけでしたが、DVDライターについているソフトが「編集」のはじめの
きっかけになりました。

とは言っても、今のように動画を取り込んで作るのではなくて、写真を読み込んでの
スライドショーを作るくらいのレベルでした。

多分半年に1つ何かを作るくらいの感じだったと思います。

ちなみにこの時はまだWindowsのノートPCを使ってました。

2005年 「撮影」に興味が湧いてSANYO ザクティを買う

スクリーンショット 2014-08-03 20.11.57

多分、IXYでは満足出来なかったんでしょうね。
当時形が珍しかった「SANYOのザクティ」を買いました。

確かに面白かったのですが、これもそんなにクオリティの高い動画が
撮れるわけでもなく、「日常スナップのメモ」くらいの画質だったと思います。

そしてこの頃に、もうちょっと編集に興味を持ち始めて「ULEAD VIDEO STUDIO」
というソフトを使い始めました。(この時もまだWindowsでした)

 

2007年 もうちょっと「撮影」に興味が湧いてCanon ivisを買う

スクリーンショット 2014-08-03 20.26.03

(↑当時のモデルではないですが)

ビデオを撮影するなら「やっぱビデオカメラでしょ!」と思って買いました。

この頃になると、次第に「撮影の画質」にももっと欲が出てきて、
「背景のボケ感」がどうやったら出るのか、ということにも興味があったのですが、
この頃はまだ、「センサーサイズ」とかの知識もなかったために、
さすがにこの機種で「背景ボケ」なんていうが出来なくてがっかりした記憶があります。

(そしてこの1年後に「一眼ムービー」の代名詞であるCanon 5D MK2が登場する)

 

 

2008年 運命の出会いimacを導入。全てが加速した

スクリーンショット 2014-08-03 20.26.45

今までの「動画編集」をくつがえすほどの衝撃だった。

iMacに標準で装備されているiMovieがとにかく楽しくて、
今までの10倍くらいのスピードで(当社比ね)動画が作れることに
とにかく感動した。

そしてこの辺りから同僚の「結婚式ムービー」の制作依頼が次々と
お願いされることとなった。

多い時では3組が同時並行で進むこともあったりしたので、
かなり大変な思いをしたのですが、結果的にこの時の苦労というのが
今につながっていると思うと、非常にありがたい依頼であったと思う。

ちなみにYoutubeチャンネルを開設したのもこの年であった。

2011年 求めていたものはここにあった。

 

振り返ってみると、全てはこの2011年に一気に集約したように思える。

1、念願の一眼「Canon EOS 60D」を購入

IMG_8041長年憧れていた「背景ボケ」というものがようやく手に入った。
一気に「撮影する楽しみ」にのめり込んでいった。

 

2、Final Cut Pro Xのリリース

スクリーンショット 2014-08-03 20.46.08

2008年から使用していたiMovieにも、そろそろ限界を感じ初めていた
矢先に登場したコチラのソフト。

発売してすぐに購入しました。
iMovieとインターフェースが似ているために、すぐに体に馴染み
今でも愛用するソフトとなりました。

3、ブログ「Movie For Life」の開設

Movie For Life

Movie For Life

このブログの前身となる「Movie For Life」もこの年に
始まりました。

ここで発信をすることで、色んな方と交流をすることが出来て
さらに自分自身にとって、「動画編集」というものが
切っても切れない存在となりました。

4、GoProとの出会い

IMG_8038このカメラと出会ったのも非常に偶然だったのですが、これも
後々、自分にとって大きな影響を与える出来事でした。

買い立てのGoProとFinal Cut Pro Xで作ったのがコチラの映像です。


↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

2013年-現在  ようやく求めていたものに近づけた

 

こうして「撮影機材」ならびに「編集ソフト」の二つが手に入り、思う存分
「動画制作出来る」という環境が出来ました。

 

 

試行錯誤してなんだかんだ10年間かかった。

 

改めてこうして振り返ってみると「遠回りをしてきたな〜」というのが正直な感想です(笑)

もっと早くからMacを買っておけば良かったとか、もっと早くからいいカメラを買っておけば
良かったなど、思ったりもしました。

とはいえ、それはそれで新しいツールを手に入れた時の感動などもひとしおであったりと
今振り返ってみれば以外と楽しい思い出だったりもします。

僕が憧れを抱き始めた10年前に比べると、機材はもちろんのこと情報もこれだけ
手に入れやすくなっている時代になったな〜と思います。

 

そしてこのブログ記事をタイムマシンで過去に遡って
当時の自分に教えてあげたいと思いました(笑)

 

「動画編集を始めようかな」と思って見ている方にとって、今の時代がどれだけ恵まれているのか
ということが少しでも伝われば幸いです!

 - 愛用機材レビュー , , , , , , , ,