Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

そうだ、GoProとBrompton持って京都に行こう。

      2015/05/28

kyoto × brompton

撮影テストも兼ねて、フラッと京都の街並を撮りにGoProとBromptonを持って
出かけて来ました。

出来た映像はこんな感じです。

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

 

路地裏を走るのにちょうどいいBROMPTON

 

Brompton

京都って意外と石畳で敷き詰められた路地が多かったりします。
スピードの出るロードバイクもいいのですが、BROMPTONのような小回りの効く
自転車で走るのがちょうどいい感じでした。

 

Canon EOS 6DとGoPro HERO 3+にて撮影

 

1、引きの画は基本Canon EOS 6D

スクリーンショット 2014-09-15 14.24.08

街並の雰囲気を出すシーンは、EOS 6Dと24-105mmレンズを使用。

下記のアップのシーンもEOS 6Dにての撮影。

スクリーンショット 2014-09-15 14.24.28

 

 

2、自転車走行時の映像は全てGoPro HERO 3+

かなり久しぶりのGoPro自転車ツーリング。

何度となくやっていますが、毎回撮影したあとに「どんな映像が撮れただろう」と確認する時には
ワクワクします。

スクリーンショット 2014-09-15 14.27.54

今回GoProを自転車に取り付ける際に使用したアイテムは2つ。

1、サンコー自分撮りフレキシブルカメラアーム

これはGoPro自転車映像を撮る上で、かなり表現の幅を持たせてくれた一品です。

使用例はこんな感じです。

注意点としてはアームが長い分、振動でアームが落ちる場合があります。道路の凹凸が激しい場合に
あまり使用をおすすめできません。

あと、人通りの多いところでは使用しないことをおすすめいたします。

2、GoPro RAMマウント

 

 

GoPro RAMマウント

この組み合わせについてはまた別途記事にいたします。

↓ このような画が撮れます。

gopro 自転車

 

今回撮影した素材の長さはCanon EOS 6DとGoProを合わせても5分くらいでかなり短い
テスト撮影でしたが、今回のように街歩きのスナップ的な使い方でも改めてGoProが面白いな
ということを再認識しました。

また純正グッズも色々出ておりますが、サードパーティ製のものもかなり面白いものが
出て来ています。

また改めて自転車映像シリーズでも、どんどん試して行きながらレビュー記事を書いて
行こうと思います。

 

 - GoProチャンネル, 自転車関連 , ,