Movie For Life | GoPro・DJI・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

衝動買い!「ボブルビー」バックパック萌えが止まらない(Boblbee 25L GT Point 65)

      2017/07/29

ボブルビーboblbeeバックパック

半年に一度は訪れる「バックパック欲しい病」が発動してボブルビー(Boblbee)買っちゃいました

このブログでも何度も登場している「カメラバッグネタ」ですが、半年に一度活動の見直しも含めてカメラバッグを見ていることがあるのですが、今回はカメラバッグらしからぬ「ボブルビーバックパック」を購入してしまいました。

その独特なフォルムから一度は目にしたことのある人も多いと思います。そこで色々と検索してみました。現在はPoint65AB社にブランドが譲渡されたようですが、ブランド名の「ボブルビー」というのは残っているとのことでした。

なんと日本で発売されたのが1999年で多少のマイナーチェンジを繰り返しながらも現在も残っているというのが驚きでした。

昨日の夜に「ボブルビー欲しい病」が発動してから、ブログ等で検索したところかなりヘビーなユーザーが多く見受けられて中には15年以上使い続けているというツワモノもおられました。

もともとはバイク乗りやスノーボーダーが事故を起こした時に体の安全と荷物の安全を守るという設計が元になるということで、15年使い続けられているというその「耐久性」にも惹かれたのがポイントの一つでした。

公式プロモーション映像を見てさらに欲しい病は加速。 ただ、かなり独特なフォルムで通販で買うにはちょっと怖かったので、在庫が比較的あるという上野の本山商店さんに足を運びました。

ボブルビー販売店上野
やっぱり現物を見るのが一番ですね。ネット等では在庫が品薄となっているクリアタイプのブラックを購入いたしました。

ちなみにボブルビーにもいくつか種類がある。

僕が購入したタイプがこちらのGTというラインナップ

おそらくこちらがスタンダードな形なのかと思います。 そしてこちらが上位機種(?)のGTXタイプ

このGTとGTXの違いは留め具の部分 ゴムで留めるのが「GT」(僕が買った方です) ボブルビーGT
バックルでカチっと留めるのが「GTX」 ボブルビーGTX
amazonサイトだとそんなに値段変わらないんですが、店頭ではGTXの方が1万円近く値段が高かったです。 ただ個人的には無骨な方がかっこいいと思って、GTのタイプを選びました。

さらに小型の20Lのタイプもあります。

こちらも検討したのですが、ボブルビーならではの「下部のえぐれ具合」があまりエッジが効いてないので、候補からは外れましたが小柄な女性やビジネスユースではありではないでしょうか??

ボブルビー購入を決断した3つの「萌えポイント」

昨日の晩からリサーチを初めて翌日には購入しているという驚異の決断力をもたらした「ボブルビー」ですが、3つの「萌えポイント」がありましたので参考までに買いていきます。

「萌えポイント」その1ステッカーが貼れる

しょうもない理由かもしれないんですが、これが実は一番でした笑。スタッフさんからいただいたGoProステッカーがありましてそれをどうしても貼りたいという欲がありましてこれ以外に選択肢がなかったのが一番の理由でした。ブログでも検索しましたが、こんな時こそInstagramでの検索が非常に役立ちます。

#魔剤nstagram #RedBull#EnergyDrink#boblbee#point65

たむらさん(@instamuram_fitt)がシェアした投稿 -

こんな風に思い思いにカスタマイズしたステッカー貼られたら、そりゃ貼りたくなりますよね!

カメラバックに限らず、カメラ選びにも通じるところあるかもしれないですが、こういう直感って実は以外にも衝動を引き起こすものです。

「萌えポイント」その2 拡張アイテムで「俺仕様」にカスタマイズできる。

男性だったら分かると思うんですが、ミニ四駆とかラジコンとかの楽しみ方ってパーツを交換してのカスタマイズじゃないですか。そして今回紹介している「ボブルビー」もカスタマイズができちゃうんです!

下部の空いている部分に入れるバッグ

留め具の色交換

さらに拡張ネットでの簡易収納拡張などなど

ボブルビーboblbeeバックパック

公式サイトより

 

ミニ四駆、ラジコン世代だったらこの「カスタマイズ萌え」ポイント分かりますよね??

「萌えポイント」その3 以外に高い収納力

ここが現物を見るまで分からなかったポイントでした。その独特なフォルムから収納力が最後まで疑問でしたが、実際に触ってみてなかなかの実力であることが分かりました。 ハードシェルに覆われていますが、実は拡張します。こちらの写真は横から開いた状態なのですが、間口は最大25cm近く開きました。

ボブルビーboblbeeバックパック収納力
ガバッと開いた状態はこんな感じです。 ボブルビーboblbeeバックパック収納力
背面の収納には細かいポケットがたくさんあり、ペンやらSDカードやら細かいものがたくさん収容できます。 ボブルビーboblbeeバックパック収納力
さらに、奥にはノートPCスペースもあり、Macbook Pro13インチもすっぽりと入ります。 ボブルビーboblbeeバックパック収納力
GoProのカルマグリップとケースとエルグランデくらいのかさばるものも入れて見ます。 ボブルビーboblbeeバックパック収納力
そこそこ幅は取りますが入れることが可能でした。 ボブルビーboblbeeバックパック収納力
GoProケースはこのような状態にして、上記で紹介したネットで収納するのもありかもしれません。 ボブルビーboblbeeバックパック収納力

男の道具を手にいれた感半端ない

以上、昨日の夜から始まった「ボブルビー萌え」を一気にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか(笑) 実際にまだ使ってないのでなんとも言えない部分は多々ありますが、手にした時点での満足度半端ないです。

実際に僕が購入したクリアモデルがすでに販売中止になっているなど、年代毎やモデル毎にもプレミアが付いていたりします。確かに独特のフォルムではありますが何よりも嬉しいのがステッカーや追加アイテムで「自分らしさ」を表現できるという点ではこれほどまでにユーザーに「余白」を残しているアイテムは他に見受けられないのではないでしょうか??

というわけで衝動的に買ってしまったボブルビーですが、歴史を超えて愛されるこのアイテムを自分仕様にカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

 - GoProチャンネル, 愛用機材レビュー, 買ってみたよ , , , ,