Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

カメラが体の一部になる!GoPro HERO5のボイスコントロール機能がすごい。

   

gopro hero5

新発売GoPro HERO5のボイスコントロールが楽しい

先日行ってきました「GoPro Familyイベント」にて
思いっきりアクティビティを堪能した中で
一番面白かったのが「ボイスコントロール機能」

これが思いのほかかなり使える機能だったので
記事にいたします。

 

 

声で操作できるコマンドは以下の通り

 

GoProボイスコントロール

GoProボイスコントロール

(製品マニュアルより)

このように「GoPro、●●」と
声を出すだけで録画したり、
録画を停止したりできるというすぐれもの。

 

 

 

アクティビティで発揮する「ボイスコントロール」

iPhoneのSiriやGoogleサービスでは
音声機能はあったものの、カメラで
ついたのは初めてではなかろうか。

で、実はこのサービスを知った時には

「あんまり使わないだろう」

と、正直思ってました。
ただ、今回参加させていただいた
イベントが、アスレチック、SUP、
マウンテンバイクとかなり激しめの
アクティビティのため、かなり多用
せざるを得ない状況でした。

イベントの模様はこちら

 

⬆︎チャンネル登録はこちらからどうぞ

 

見ておわかりの通り、なかなか激しい
アクティビティのオンパレードでした。

例えばアスレチックなどでは、
地上から8mというかなりの恐怖の
状況で、両手はふさがっているので
こういう時は「ボイスコントロール」を
使わざるを得ないです(笑)

GoProボイスコントロール

おそらくGoProさんの運営もそういうのを
想定して場所をセレクトしているのでしょうが。。。

あとSUPで、水上でバランスを
保つ時にも、先端においたGoProの
スイッチを入れたりするのも
怖いくらいの時にこの
ボイスコントロール機能は
大活躍でした。

 

 

「ボイスコントロール機能」を使った裏技

GoProボイスコントロール

裏技っていうほどのもんじゃないですけど、
ボイスコントロールは誰の
GoProを使っても共通なので
上記写真のように、みんなの
GoProを持ち寄って、

「GoPro連写!!」

と叫ぶことで、一気にみんなの
GoProを動かすこともできました。

GoPro仲間が集まった時に、
一気に写真を撮りたい時にも使える技です。

 

カメラが体の一部となる

録画や写真を撮る時には

「よし撮るぞ」という

意思決定をしてから、指で押す。

当たり前といえば当たり前だけど、
そこに「思考」という1アクションが
加わることによって、少しの
タイムラグが発生することは事実。

シナリオがあっての撮影なら
これでいいのかもしれないけれど
今回のように遊びながら、
いつシャッターチャンスが
訪れるかわからないような時にこそ
このボイスコントロールは生きてくる。

ちょっと大げさな表現になるかもしれないけれど、

「カメラが体の一部」になったような気さえする。

 

 

 

 - GoProチャンネル , ,