Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

DJI OSMO MOBILEの気になる細かい点のQ&A

   

DJI OSMO MOBILE 気になるQ&A

新製品DJI OSMO MOBILEの気になる点をチェック

 

DJI OSMO MOBILE

DJI OSMO MOBILE購入ページ

今朝公開させていただいたDJI OSMO MOBILEですが
ファーストレビュー記事より早速
いくつかコメントや質問いただいたので
お借りしている間に実験したいと思います。

 

Q1、音声ってどんな感じ??

現行DJI OSMOがジンバルのモーター音を
かなり拾っていたので心配でしたが、
こちらかなり静かです。

地味すぎる音声サンプルを
アップしましたのでどうぞ。

ここ、かなり心配してましたが
ほとんど気にならないレベルでは
ないでしょうか??

ちなみにスマホ用のマイクも
いくつか出てますが、

装着は正直厳しそうです。

種類としては

イヤホンジャックタイプとか

給電コネクタ直挿しタイプなどありますが

スマホの形状にもよりますが、
iphone6だとライトニングケーブルが
ジンバル部分に当たり、イヤホンジャックも
かなりギリギリです。

DJI OSMO MOBILE

そもそも、スマホでここまで
音にこだわる人は想定していないのかもですが、、、

 

Q2、OSMO MOBILE本体に給電しながら撮影できますか??

現行OSMOと違い、ACケーブルで
充電器に接続せずにUSBケーブルで
本体から充電が可能ということで、
実験してみました。

こちらの給電穴にケーブルを
挿してUSBバッテリーにつなぎます。

給電中は赤く点滅します。

DJI OSMO MOBILEバッテリー1

手持ちの現行OSMOホルダーに
モバイルバッテリーを取り付けて
給電中の状態で、起動してみたところ、、

DJI OSMO MOBILE
録画できました。

これである程度の長回しも
安心でしょう。

ちなみに、スマホ自体は(今回はiphone)
ライトニングコネクタがジンバルの
付け根に向かってついているので
スマホ自体に給電しながらの撮影は
できないのが少し残念なところではあります。

 

 

Q3、縦揺れ防止のZ-axisは使えますか?

【OSMO用Z-axisとは】

 

こちらは残念ながらできません。

前回のブログでも書きましたが、基本
現行OSMOとは別物になります。

ヘッド自体が交換できないので
必然的に装着が不可能ということになります。

これは個人的にはちょっと残念で、
OSMO自体に手ぶれ補正機能は
あるものの、やはり歩きのテクニック
次第では上下の振動は拾ってしまいます。

ただ、Z-axisつけるとそれはそれで
大げさになるので、こちらの製品
購入層向けではないのかもしれませんが、、、

 

Q4、スマホごとの大きさによってキャリブレーションできますか??

DJI OSMO MOBILEキャリブレーション

 

ある程度の左右のバランスを整えたあと、
自動キャリブレーションセッティング可能です。

設定ボタンを押すと何回か
ヘッドがぐるぐると動いて
だいたい3分程度でキャリブレーションが
完了いたします。

搭載可能なサイズはDJI公式サイトをご参照ください。

 

Q5、ワイドレンズ付けて「アクティブトラック」できる??

これ、なかなか気づかない盲点的な
質問でした。

確かにスマホだと「超広角」
というわけでないので、
ワイドレンズを使う時あります。

DJI OSMO MOBILE ワイドレンズ

こんな感じで装着ですね。

結論:できました!!

DJI OSMO MOBILE
どうやら映った被写体に対してできるっぽいので
これはこれで撮影のバリエーションが
増えそうです。

ただ、あくまでも軽いものでないと
バランスが崩れてしまうと思うので
注意が必要です。

 

まだまだ試すことはありますが、一旦返却いたします

ライブストリーミングとか
パノラマ撮影とかまだ
試していない機能もありましたが
今回お借りしているのがβ版のため
一旦返却いたしますので、お答え
できるのはいまのところ今回までの
記事となりますことをご容赦ください。

 

って、DJI公式サイトにQ&A乗ってました。
詳しくはこちらをご参照くださいませ。

 

とはいえ、今朝アップしたブログ記事で
これだけいろんな質問がくるということは
やはりそれだけ多くの方が興味あるのかと
いうことを改めて感じました。

 

動画制作のスタイルを根本から変える(かもしれない)

前回のブログでも書きましたが、
今回のOSMO MOBILEは
どちらかというと今まであまり
「動画制作」にどっぷり浸かっていない
人の方が向いているような気がします。

細かい点を挙げればまだまだ改善の
余地はあるかもしれないですが、

「手持ちのスマホが高機能カメラに変わる」

という点が今回のOSMO MOBILEの
一番の売りだと思われます。

もしかするとinstagramのように
日常感覚で動画を制作するような
スタイルがこの製品をきっかけに
発展する可能性もあるかもしれない。。。

 

セキドラジコン

 - DJIチャンネル , , ,