Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

「ドローンで広がる映像文化の可能性」トークイベントで話した「僕のドローンヒストリー」

   

ドローントークイベント

 

人生初のトークイベント、無事(?)に終了いたしました!

DJI製品販売のセキドさんのショップのある
「たちかわ創造舎」さん主催で
ディレクターズサロンvol2
「ドローンで広がる映像文化の可能性」
にてセキド社長、大下さんと共に
トークイベントに出演させていただきました。

ドローントークイベント

左側:セキド大下社長 右側:筆者

 

今回は昼からのDJIセミナーに引き続き
2連投という初モノ尽くしでございました(笑)

 

話すことで改めて振り返る自分の歴史

シナリオがあるわけではないので
ちゃんと伝えられるかなという不安は
ありましたが、自分が伝えられることは
精一杯お伝えさせていただきました。

ただ、限られた時間内ではやはり
伝えきれない部分もありましたので
せっかくの機会なので、当日お話した
内容を改めて自分備忘録として
書き起こしていこうと思います。

14年間はサラリーマンをしていました

初めてお会いする方もいるので
ここら辺からお話する必要がありました。

僕はもともとメーカーのサラリーマンで
真面目に14年勤めていました。

もともと趣味でやっていた動画制作が
面白く、あまりにも好きだったために
2014年に会社を辞めて独立しました。

この辺の詳しい話は過去ブログ

「松本、会社辞めるってよ」シリーズをご参照ください。
今回トークイベントの自己紹介の際に
影響を受けた本を一冊紹介するということで
選んだのがこちら。

ヒルマン・カーティス:ウェブ時代のショートムービー

なんとなくサラリーマンを続けていることに
疑問を持ち始めた2008年頃に
刺激を受けた一冊です。

この本についてはまた長くなるので
別のブログ記事にて書こうと思います。

 

ドローンとの出会い

会社員を辞めた僕は映像制作の仕事を
しながらやりくりしていました。

そんな際に同じく映像関係の友達が
ドローンを飛ばすということで
一緒に公園で飛ばしました。

初めて見るその未来のガジェットに
心躍らせて触らせてもらったところ、、、

 

見事に落としてしまいました。

 

その時の映像がこちら
(ゆうじ君、ごめんね)

 

この時のトラウマで自分の中の
ドローンへの選択肢は消えておりました。。。

 

 

茶畑を空から撮ってみたい!!

 

そんなトラウマを抱えたまま半年が過ぎた
時に、奈良県丹生町で「茶畑」の撮影依頼が
きました。

ロケハンでお伺いしたところ、段々畑に
キレイな緑色のお茶が生え揃っていました。

過去のトラウマはあったものの
これをなんとかして撮りたい!!
ということで、自分を超えるために
初ドローンを買いました。

ただ、本格的に踏み出すのには
ちょっと勇気がいったので、
中級レベルのBebop Droneを
買いました。

 

BEBOP DRONE

余談ですが、このワクワクする新機材が
到着したその日に

「首相官邸ドローン墜落事件」が起きるという奇跡の引き具合
しばらくは買ったことを誰にも
言いませんでした(笑)
そんな感じで完成した映像がコチラです。

8割がた地上からの映像になりますが
インサートでちょっと眺めのいい
カットが入ることで印象的な
映像に仕上がることが出来て
先方さんも非常に喜んでいただきました。

この時に感じたのが
ドローンから撮影する「空撮」も
もちろんすごいのですが、僕が
嬉しかったのはその「空撮素材」を
見た時の地元の方の反応でした。

普段見慣れてるはずの景色を別の
視点から眺めることで、もっと
自分達の土地に誇りをもったり
「広めるのを頑張ろう」と思うような
きっかけになるのが空撮の魅力でも
あるとこの時に感じました。

 

奈良県の国立公園「大台ヶ原」の撮影依頼をいただく

過去のトラウマを乗り越えたご褒美として
新たな案件につながりました。

上記の茶畑の映像を見た
地域活性プロデューサーから
ご紹介いただいて奈良県上北山村の
お仕事を紹介いただくことになりました。

当時はすでに人口密集地での
ドローン撮影が禁止となり
かなり肩身の狭い状態の中で
空撮業務としては非常に光栄な
お仕事ということで、ここで新たに
購入したのがDJI Phantom3でした。

SEKIDO Phantom3

最初に買ったBebop Droneは撮影した映像が
フルHDでしたが、こちらのPhantom3は
4K素材が撮れます。

Bebop Droneを買ってまだ間も無い頃
だったので金額的にもかなり躊躇しましたが
このチャンスに応えたいと思い投資しました。

 

セキドさんとの出会い

購入したのもセキドさんだったんですが
そのあと業務も控えていたということで
セキドさん主催の有料講習に参加
しました。

空撮、その前にセキドさんのPhantom3講習会に行こう。

当時はまだ大阪に住んでいましたが
わざわざ交通費と宿泊費を払って
受講しました。

やはり安全面での管理が非常に
大事なのでこれは参加しておいて
本当に良かったと思います。

ここでお話したことがきっかけとなって
ご縁をいただくことになりました。

そしてその講習会の翌日には
新潟の舞子スノーリゾートの
ドローンパークで一日中
思いっきり練習をしました。

 

奈良の国立公園「大台ヶ原」の撮影も無事に終了

 

断崖絶壁800mの「大蛇ぐら」などの
絶景を空撮によって収めることが出来ました。
そしてこの空撮の前後にも日本に限らず
いろんな場所で撮影させていただく
機会に恵まれました。

 

 

ドローンが授けてくれた「翼」

 

すべて結果論になりますが、
ドローンを買ったことで、
かなりいろんな幅の仕事に
携わることにつながりました。

僕にとってのドローンとは
撮影に「翼」を与えてくれることで
空撮だけでなく、仕事の面でも
全く別の世界へと誘ってくれました。

ブログをやって情報を発信している
おかげで書籍にも掲載いただきました。

【掲載書籍】

ただこれはいろんなタイミングにも
恵まれていたことと思います。

3年くらい前はまだまだドローンの
性能も危ういところがあって、
業務で使用していたらもしかしたら
事故などあった可能性もなくはないです。

新製品のPhantom4などは
対物センサー(前方のみ)などが
搭載されるなど安全面での進化も
非常にありがたいところ。

 

これからのドローンに期待すること

僕自身がもともと遊びで映像を作っていた
ということもあって、もっとドローンを
自由に使いたいという願いもあります。

夫婦で世界1周旅行に行ったブログ
「ボク旅、キミ旅。世界1周」の中村君が
今度はドローンを持ってスリランカの
旅ドローン映像をアップしました。


こういうのが一番ワクワクします。

 

いまの現状ですと国によって
かなりの規制があったりと
日本と変わらない状況であります。

実際にプロペラなど当たったら
危ないので仕方がないのですが、、

この辺の「危険性」を排除できたら
とても素敵な映像が世の中に
溢れるのではと思います。

そのためにも今後メーカーさんに
期待したいのは

「小型化」そして「安全性」の2点。

持っているだけで、ちょっと変な目で
見られたり、規制だらけの状態から
抜け出して、スマホの自撮りくらいの
パーソナルなアイテムに変わることを
切に願います。

 

 

テクノロジーの進化で撮影の未来も変わる?!

「ドローンの未来」ということで
大下さんからご紹介のあった
新たなA3システム。

このプログラムがあれば数センチ単位で
ドローンを何台かで自動制御できるなど
すごい未来がすでにやってきてます。

いまはおそらくかなり高価と
思われますが、今の製品の
進化を見ているとこれが
民生機レベルに搭載されるのは
時間の問題かもしれません。

例えばワンオペレーションで、
マルチ画面を見ながら、

「はい、1カメドローン、パン!」

「2カメドローン、クレーンアップ!」

 

なんていう指示を一人が出している
そんな時代も、すぐ目の前に
来ているのかもしれません。

 

進化の過程を楽しんでいきたい

トークイベントということで
お話を引き出していただいた主催の
倉迫さんのおかげで、いろいろなことを
改めて思い出し、そしてこれからについて
考えるきっかけになるとても素敵な
時間を過ごすことが出来ました。

途中でも書いたように、ドローンだけに
限らず、今は色んな機材がすごい
勢いの「進化の過程」にある。

それは逆に今必死で努力していることが
テクノロジーに取っていかれることも
少なくはないかもしれない。

しかし、ドローンや撮影機材というのは
あくまでも「手段」。それを使って
「何ができるのか」というのを
考えるのが人間に許された特権だと思う。

急速すぎる進化というのは
時に批判されたりすることもあるが
悪い側面だけを見るのではなく、
進んでいく進化の過程を
楽しみながら一緒に成長していきたい。

以上、トークイベントの内容を
振り返りながら改めて思ったことの
まとめでした!

機会をいただいた「たちかわ創造舎」さま
「セキド」さま、そして遠方にも関わらず
お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました!

 

セキドラジコン

 - DJIチャンネル, LIFE LOG , , , ,