Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

イベントレポート「DJI WORKSHOP MOVING WITH CAMERAS」in SEKIDO立川ショールーム

   

DJI WORKSHOP

DJIのジンバル系アイテム「RONIN-M」&「OSMO」体感セミナー無事終了

現在DJI社が全国で推進しているイベント
「DJI WORKSHOP MOVING WITH CAMERA」
イベントのゲストスピーカーとして
セキドさんのショップのある
「たちかわ創造舎」にて参加させて
いただきました。

イメージ映像はコチラ

DJIというとPhantomなどのドローンが
メジャーですが、手ぶれ補正の
ジンバル系でもかなりのシェアを
とっています。

今回のイベントでは同社の
「RONIN」「OSMO」に絞って
動きながら撮影する楽しみを
体感していただくのが大きな目的となります。

Ronin-m sekido

OSMO SEKIDO

 

RONINというよりはOSMOの方に興味がある方が多かった

そもそもRONINとなると業務用になる
感じになるので、予想はしてましたが
比較的OSMOに興味のある方が
多かったです。

僕も個人的にはOSMOは個人ユースで
遊びで使えるカメラだと思うので
こういうことを共有できることが
非常に楽しい時間です。

サンプル映像を交えて撮影の裏側などのお話を説明

 

今回はZ-axisやX5もすでに発売した
あとだったので、そこらへんの情報も
盛り込みつつ、ただいま発売中の
「ビデオSALON2016年7月号」の
内容にも触れて説明させていただきました。

 

体験タイムが一番楽しい

レクチャーと簡単な使用方法を確認したら
いざ体験タイム。

DJI WORKSHOP
たちかわ創造舎さんはもともと学校で
校庭があります。

セキドさんの申請により限定的では
あるもののドローンのデモフライトの
模様を撮りながらのOSMO撮影。

グループに分かれて色んなアングルで
みんなでOSMO遊びに夢中になりました。

DJI GOアプリで撮った映像をその場で編集!!

これは今回初の試みですが、実際に撮ったものを
その場でみんなで編集する作業を入れてみました。

DJI GOアプリについての記事はコチラ

 

このように
DJI GOアプリを使うと「テンプレート」があるので
簡単にまとまったムービーが作れます。
個人的に遊びで使いたい方となると
やはりパソコンに取り込んで編集したり
するのが面倒臭かったりますが、
スマホでこういうのがサクッと作れると
撮るのがどんどん楽しくなってきますよね!
映像を作るとなると、いろいろとハードルが
高かったりしますが、一番大事なのはこの

「うわー!こんな風にできるんだ!」

 

っていう喜びに尽きると思います。

これで面白い!と思って次のステップに
進みたかったらパソコンで本格編集を
したらいいし、カメラもステップアップ
すればいいと思いますし、このスマホ
アプリで十分だったら、とにかくカメラを
使い込んでどんどん色んな映像を
撮ったらいいと思う。

でも、どっちにするにしても
やっぱり最初の「感動できるかどうか」
っていうのが最初のステップなので
この体験を組み込むことは今回の
イベントをする上でも非常に重視していました。

実際に、参加者の皆様もテンプレートに
夢中になって、イベントが終了した後も
DJI GOアプリで編集に凝ってる方も
おられました。

気になっている方は是非お近くで開催のイベントへご参加ください!

東京近郊でなくても、今後全国で
開催予定(?)なので、是非近くで
開催された際は足を運んで触れて
見ていただきたいと思います♪
(僕が行けるのはすべてではないですが)

イベント情報はDJIイベントページをチェック
以上、DJI WORKSHOP MOVING WITH CAMERAS
イベントレポートでした。

セキドラジコン

 

 

 

 - DJIチャンネル , , ,