Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【DJI OSMO拡張パーツレビュー】X5マウントでフォーサーズレンズ搭載可能に!

   

DJI OSMO X5マウント

ついに購入してしまったDJI OSMO最強マウント「X5マウント」

 

3軸手ぶれ補正ジンバル付きビデオカメラ
DJI OSMO

OSMO SEKIDO

その可能性に未来を感じて
ビデオサロンさんの特集でも
記事を書かせていただきました。

バッテリーの持ちだったり
マイクの問題があったりと
多少の難はありましたが

「未来の撮影の可能性」を
感じて使って参りました。

そしてついに、このOSMOを
本格撮影に昇華させるアイテムが登場。

 

マイクロフォーサーズレンズが搭載可能な「X5シリーズ」

もともとはInspire用として先に
発売になっていたカメラシリーズ

 

DJI X5カメラシリーズ

DJIWEBサイトでチェック

 

マイクロフォーサーズが使える
シリーズとしてラインナップ

だがしかし、

RAW動画の撮影できる
「X5R」になるとかなり
高額に、、、

幸いにも普段愛用しているのが
Panasonic GH4で同じ
フォーサーズマウントで
兼用できるということで
今回はレンズなしの「X5」を
セレクト。

DJI OSMO X5マウント

X5のレンズ選び

 

フォーサーズレンズ対応といっても
重要に制限があります。

重さ的には90gから130gくらいの
範囲のものが対応可能なようです。

ちなみに今回セレクトしたのは
OLYMPUS 12mm F2.0のレンズ

35mm換算で焦点距離は24mm

X5のレンズ付きのスペックは
15mm f1.7

25mm換算で焦点距離は30mm

DJI OSMOのX3カメラの焦点距離が
20mmとのことなので、一番近い
広角のレンズで調べると
上記のオリンパスの単焦点12mmが
一番近いということでセレクトしました。

別途「X5アダプター」が必要になる。

 

DJI OSMO X5アダプター

 

上記のX5だけではOSMOに
搭載することはできずに
別途アダプターが必要になる。

 

DJI OSMO X5マウント

DJI OSMO X5マウント
サイドもロックします。

 

「DJI OSMO PROファームウェア」アップデートを忘れずに

DJI OSMOダウンロードページから
「OSMO PRO ファームウェア」
をダウンロードして最新状態にします。

http://www.dji.com/jp/product/osmo/info

起動するとエンター画面が
OSMO PROに変更になってます。

 

DJI OSMO X5マウント

 

 

操作は基本的には通常OSMOと同じ

タップして露出合わせ
など基本的には同じになります。

DJI OSMO X5マウント

オートフォーカス

左上のAF/MFの切り替えで
オートフォーカスします。

合わせたい位置にフォーカスを
持っていって合わせる感じです。

若干のタイムラグが生じるのが
難点。

さらに人物を追いかけたりは
いまのところない感じです。。。

DJI OSMO X5マウント

 

マニュアルフォーカス

マニュアルフォーカスを選択すると
下図のように目盛りが登場して
微妙に合わせることが可能です。

DJI OSMO X5マウント

 

 

サンプル映像撮ってきましたのでどうぞ

日が沈むまでのちょっとの
間ですが遊んでみました。

(Z-axisの搭載については別記事にてレポートします)
スマホの画面が小さいので、
思いの外フォーカスを厳密に
絞るのはなかなかシビアでした!

ただある程度置きピンで
対象物との距離を一定に
保てばいけるのかという感じ。

あとはとにかく使いこなして
いくのみかと!!

 

ファームウェアの更新に期待!!

 

最後にちょっとマイナスポイントも
これは正直メイン機能では
ないのですが、標準OSMOに
搭載されていた

・タイムラプス機能
・スロー機能

がどうやらなくなっていたようです。。
(見落としでしたらすいません)

DJI OSMO X5マウント
通常OSMOでしたらここに「スローモード」が、、、

DJI OSMO X5マウント

通常OSMOでしたらここに「タイムラプスモード」が、、、

 

この辺の機能についても
ファームウェアのアップデートで
バージョンが上がっていくことを
期待しております。
セキドラジコン

 - DJIチャンネル , ,