Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【DJI OSMO拡張パーツレビュー】バッテリーを長時間使用可能にする「外部バッテリーエクステンダー」

      2016/05/16

DJI OSMO

DJI OSMOの外部バッテリー用アダプター発売!

OSMO SEKIDO

これ待ってました!

DJI OSMOの弱点として
挙げられるのが

「バッテリーの持ちの悪さ」

でした。

一本で大体1時間持つか
持たないかくらいで、
丸一日とか使えないのが
ネックでありました。

DJI製の外部バッテリーに接続可能なアダプター

 

1、ベースで必要なのが外部バッテリーエクステンダー

OSMOバッテリーエクステンダー

SEKIDO WEBサイトでチェック

 

バッテリー型の電源供給アダプターから
ケーブルが出て蓋を交換します。

DJI OSMO
もともとついていた蓋は
ボールペンの先などで
簡単に外れます。
DJI OSMO
このようにケーブルが伸びて
外部バッテリーに接続します。

 

2、この先にさらにコネクタが別途必要になります。

DJI Phantom3、RONIN用(2ピンタイプ)

DJI OSMO バッテリーエクステンダー

 

DJI Phantom4用(10ピンタイプ)

DJI OSMOバッテリーエクステンダー

 

僕は予備機として持っているPhantom3と
RONIN-Mのバッテリーがあるので
2ピンタイプを購入しました。

DJI OSMO

この辺はさすがに商売が上手だなと
思うんですが、DJI社製のものしか
外部バッテリーとして対応して
ないんですね。。。

僕のように過去購入したものの
資産が生かせるのはありがたいですが
OSMOのみ購入していた場合は
バッテリーもそこそこするので
ちょっと痛い出費になるのは
いたしかたないのだろうか、、、

強いてやすいバッテリーと
いうならRONIN-Mの新しい
タイプのバッテリーが
1万円ちょっとなので
こちらを外部バッテリーとして
使うのもありかもしれない。

DJI RONIN-Mバッテリー

 

外部バッテリー2本持っていけば怖いものなし。

 

本体から出たケーブルが
少し邪魔になるものの
外部バッテリーを2本も
持っていけばまず丸一日
使っても問題ないでしょう。

蓋を交換しても純正の
バッテリーもそのまま
使えるので、運用方法としては
まず純正を使って、保険として
外部を使っていくことで
今までの

「バッテリーなくなるかも」

という恐怖感を拭いさることが
できるでしょう!!

 

これでさらにOSMOの活用頻度上がります!!
【追記:2016年5月16日】

上記外部バッテリーを使用した際の
撮影時間目安

X3 OSMO 最大14時間
X5 OSMO 最大11.7時間
X5R OSMO 最大5.5時間

DJI プレスリリース情報より

http://www.dji.com/jp/newsroom/news/raw-for-osmo

 

セキドラジコン

 - DJIチャンネル , ,