Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

ドローンバッグ2016年春夏コレクション(ビデオSALON2016年3月号誌面連動)

      2016/02/29

DJI Phantom3 Droneバッグコレクション

バッグの数だけドラマがある。

雑誌ビデオSALONさん2016年3月号で
ドローンバッグ特集の記事を
書かせていただきました。

ドローンというと色んな機種が
ありますが、今回は一番メジャーな
DJI社のPhantom3用の
バッグにフォーカスを当てて
様々なバッグのレビューを
させていただきました。

SEKIDO Phantom

遡ること1ヶ月前に
ビデオSALONさん編集部に
おうかがいさせていただき
朝から夕方くらいまで
使い方のシチュエーションに
ついて担当者様と盛り上がって
しまいました。

なんでこんなに盛り上がるかと
いうと、バッグそれぞれに
特徴があり、こだわった機能と
それぞれに使い道があり、
バッグから撮影のスタイル、
言い換えるなら「ドラマ」を
感じてしまうのです。

そんなわけで、今回の記事では
誌面では伝えきれなかった部分に
関して補足として書いていきます。

誌面でご紹介しているバッグについて

ビデオサロン ドローンバッグ特集

かなり特色の分かれるバッグを
ご紹介させていただいております。

 

個人的におすすめな2点

詳細については誌面で是非
ご覧いただきたいのですが
ここでは個人的におすすめの
2点をご紹介いたします。

1、ThinkTnak Photo エアポートヘリパック

やっぱり自分の使ってるのが一番いい(笑)

(そりゃ、自分で選んだわけだから当然ですが)

去年は海外撮影でもこちらのバッグが
重宝しました。

何がいいかというと「その他の荷物」
が収納できる点。

操作で必要なタブレットはもちろんのこと
バックアップ用にノートPCとか
撮影で使う一眼や交換レンズなど
ある程度の形状をキープしながら
結構詰め込むことが可能です。

2、Manfrotto カメラリュック ドローン用バックパック

2015年のInterBeeの展示会で
拝見させていただきましたが
改めてマンフロットのこだわりを
感じました。

ノートPCやタブレットが入る
という点においてはThinkTank Photoと
同様かもしれませんが、
上記バッグに比べると
やや細長い作りで、より
スタイリッシュになっています。

あとマンフロットバッグに
共通しているのが「細部へのこだわり」です。

すごく些細なことなんですが
かなりこだわっている作りが
よくわかります。

例えば収納部分に、タブレットが
きちんと収納できるように
特別にスペースが設けられている点や
チャックを開けるところに
指がひっかけやすいようなフックが
ついていたりなど、ことごとく
親切設計であることに感動しました。

強いて難点を上げるとしたら「値段」、、、ですね。

 

完全にネタみたいな忍者風のベストは、、、

 

完全に今回の中では異彩を
放っているこの「忍者風ベスト」ですが
意外とよくできてます(⇦失礼だろ!)

むき出しのスタイルがかなり斬新で、
間違っても山手線には乗れないです。

DJI Phantom3 忍者風ベスト

バッテリーは本体に装着していれば
予備も含めて2つ運搬可能

DJI Phantom3 忍者風ベスト

体の前面にはプロポ落下防止の
ストラップが付く。

そしてなんと言ってもこれ

DJI Phantom3 忍者風ベスト

手裏剣のごとく収納するスペースが
クールジャパン
(⇧間違っている表現)

 

お気に入りのドローンバッグは見つかりましたでしょうか?

記事内では全てについてご紹介は
できておりませんが、気になった
一品がありましたら是非誌面を
手にとって見てみてください。

 

さて今年はどんな映像を撮れることでしょうか

 

セキドラジコン

 

 - DJIチャンネル, 動画制作おすすめ本, 愛用機材レビュー , , , ,