Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

エビスサーキット撮影裏話その1映画ワイルドスピードの速度をリアル体感

      2016/02/20

エビスサーキット裏話その1

動画はこちらをどうぞ

 

エビスサーキットの支配人はD1ドライバーの熊久保信重さん

 

今回撮影させていただいた
福島県二本松市にある
ドリフトの聖地
エビスサーキットの
支配人がD1ドライバーの
熊久保信重さんですが、
実は映画「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」
のスタントもされたお方でした!!

エビスサーキット
右側が熊久保支配人で、
その隣が同じくD1ドライバーの
末永直登さん

 

心の準備なしにいきなりドリフト体験!!

エビスサーキット

到着してすぐに、一番難易度の高いと
言われている「峠コース」にて
オープンカーの撮影でお二人に
お越しいただきました。

空撮でのシーンを撮るために
Phantom3を準備してスタンバイしておりました。

SEKIDO Phantom

GPSも無事に確認して
準備が整ったところで
熊久保さんから一言。

「じゃ、ちょっと体験してみましょうか」
え?!

全然心の準備ができていない状態で
とりあえず手元にあったGoProを
持って、助手席に乗り込む。

「じゃ、いきますよー」

ぐいーーーーーーん!!!

ぎゃぎゃぎゃぎゃ!!!!
(↑カーブ曲がってる音ね)

残念ながら言葉では
これくらいしか表現できません。

つたない表現で伝えるとするなら

 

「レールのないジェットコースター」
に乗ってるような感覚でした。
オートマしか乗ったことのない
ぼくにとっては何をしているのか
わからないマニュアルの
細かいてさばきなどは
本当に神の領域でした。

そんな感じであっとい間
だったのですが下りたあとは
しばらく呆然としていました。

さらに残念なことに
GoProでも撮影していた
ものの興奮でブレブレだったので
本編で採用することは
ありませんでした(涙)

 

体感することで見えてくるもの

 

いきなり洗礼を浴びたような
撮影のスタートでしたが
もしかしたらこういう体験を
していたことで、
ドリフトにはまっている人の
気持ちに少しでも寄り添えたのかも
しれません。

撮影にどのような影響が
出るかはわからないですが
未知の世界の撮影において
少しでもそのことに理解が
あると、撮影の仕方も
もしかしたら変わってくるのかも
しれません。

熊久保さんも、もしかしたら
それを狙って僕を乗せてくれ
たのかもしれません(笑)

エビスサーキットではドリフト体験もできますよ♪

 

なんか通販のサイトみたいな
流れになっちゃってますが、
別に依頼されたステマでは
ありません(笑)

エビスサーキット

ドリフト体験はこちら

・走行料
・レンタル料
・レッスン料
・ガソリン代
・タイヤ代

さらに講師がついて、なんと20,000円!!

ワイルドスピードの主人公に
なりたい方は是非、
エビスサーキットに足を運んでみてください。

セキドラジコン

 

 - PROJECT ,