Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【動画あり】「ドリフトパラダイス」福島県エビスサーキット秋のドリフト祭り2015

      2016/02/29

エビスサーキット

2015年11月13,14,15,16と
福島県二本松市にある
「ドリフトの聖地」こと
エビスサーキットに撮影で
行ってまいりました。

そしてようやく動画を
アップいたしましたので
まずはできたてほやほやの
動画をどうぞ!

プロデュースは熊坂仁美氏

上記動画でもお伝えしているように
地元福島の魅力を発信するということを
活動として続けられており、その
一環としてプロデュースした
「HAPPY FUKUSHIMA」の動画は
すでに100万回の再生を超えておられます。

熊坂さんの著書『Youtubeをビジネスに使う本」に
事例として掲載いただいたことからご縁を
いただきまして、今回のプロジェクトに
参加させていただきました。

 

ここは外国か!!!

 

初日のイベントは「GAIJIN GANDPRIX」
という文字通り外人によるイベントで
それはもう外人だらけでした(笑)

撮影には地元福島の方にも
お手伝いいただいたのですが、
地元の方もこんなに外国の方が
きていることにびっくりしました。

4日連続で来ていたので、
本当に外国に来たかと錯覚するくらいでした。

さらにサーキット内には動画にも
あるように、ボコボコにへこんだ
車があふれていて、思わず
マッドマックスの世界に
飛び込んだのかと思いました。

 

遊び方のスケールがケタ違い

 

エビスサーキット

 

最初、これらの車を見た時には

「うわー怖いとこきちゃったかも」

なんて一瞬思ったんですが、
そんなことはありませんでした。
(当たり前だろ)

インタビューで色んな方に
聞いたところ、このエビスサーキットは
本当にドリフトの聖地で、
みんなここで遊ぶために仕事をして
お金を貯めてやってきてました。

だいたい一週間くらいみんな
滞在して思う存分ドリフトを
楽しむわけですが、たとえ
中古車とはいえ、車一台を買って
ガソリンも使いまくるし、
タイヤはすり減るので、
少ない予算だとしても100万円
以上はかかる感じです。

さらに車を見てお分かりの通り
壊れたらさらに修理代もかかる。

遊び方、マジハンパないっす。

そこでここに来る方は、
アンディさんの経営するショップ
「Power vehicles」で中古の車を
購入し、思う存分遊んでまた
次に来るまで保管してもらう
というスタイルというわけです。

EBISU Power vehicles

ワイルドな風貌ですが、
日本語ペラペラで
めっちゃ優しかったです、
アンディさん。

 

シンプルに人生を楽しむ

 

一般的な常識から言ったら
一回の旅行で100万円使うとかって
あんまり考えられないですよね。

さらに、ここにきている外国人の方が
みんながみんなめちゃお金持ちか
っていうと実は違ったりしてました。

ここで楽しむために、一生懸命お金を
貯めてやってきている人がほとんどでした。

エビスサーキット

エビスサーキット

エビスサーキット

みんな車とドリフトが大好きで
ここで遊ぶために、一生懸命仕事して
思いっきり遊んで帰国する。

そしてまたここに来るために
一生懸命仕事する。

これは勝手な想像ですが
多分みんな貯金とかは
してなさそうな感じでした
(って失礼だろ!!)

でも好きなことのために
一生懸命働いて、
好きなことのために
全力でお金を使うって
すごいシンプルな生き方だな
ってみんなの笑顔を見て
思いました。

そしてこの方達が「聖地」と
崇めるほどのスポットが日本に
あるということも驚きでした。

今回の動画は観光誘致の目的も
あります。

観光誘致というと、日本のお寺とか
最近では秋葉原とかそういういわゆる
「日本らしい」ところがピックアップ
されがちですが、このエビスサーキットは
外国人が(観光ではなく)楽しみに
来ているという点で非常に面白い
スポットだと改めて感じました。

というわけで今回は全編英語で
(翻訳は全て熊坂先生ですが)
海外向けに作成させていただきました。

 

書き足りないことが多いので別の記事で

 

と勢いで書いてきましたが
撮影機材とか色々ネタは満載です(笑)

今回は購入したばかりのDJI OSMOを
はじめ、空撮のPhantom3、ならびに
愛用のGoProも投入して、
「飛び道具満載」で撮影させて
いただきました。

またその辺については別の記事にて
アップしていく予定ですので
引き続きよろしくお願いいたします。

 

 - DJIチャンネル, PROJECT ,