Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

「14年続けたサラリーマン生活」を離れて一年。「会社員」「自営業」それぞれのメリット

      2016/02/21

サラリーマン辞めて一年経ちました.001

早いものでもう一年が過ぎました

 

今回の記事はごく個人的な日記です。

初めて記事を読む方もおられると思うのですが、
いまは映像を軸として自営業という形で
仕事をさせていただいておりまして、
ちょうど1年前の今日から14年勤めた会社を辞めてから
一年になります。

「え、もう?」

って感じたのが正直なところで本当に「駆け抜けた」
って感じがすごい一年でした。

すごくありがたいことに、
会社を辞めた翌日からすでに新しい打ち合わせや
撮影などでスケジュールがいっぱいになり、
本当だったら2ヶ月ほど放浪の旅に出て
ちょっとは休養を取ろうと思っていたのが、
あれよあれよという間に気がつけば
一年経ってしまっていたという感じ。

非常にありがたい話でこの一年は紹介やら
WEBからの問い合わせ等で本当にたくさんの仕事に
関わらせていただいて、ブログで書いているとおり
機材も買いながら生活ができているという
非常にありがたい状況でございます。

またさらにありがたいのが、
仕事で関わった方からの継続仕事などがあるおかげで、
積み上げながら共に成長できるという環境が何よりの
幸せと感じております。

これは個人の場合に限っての話ですが、トータルで言うと

「決断して良かった」

と言えますが、実際にはそうでない場合もある
という点を含めてせっかくの一年なので、
記憶が薄れないうちに「自分備忘録」として
「会社員」と「自営業」を両方体験した身として
書いていこうと思います。

最近会社を辞める人も周りに増えてきて、
相談を受けることもあるのですが
僕としては責任が負えるわけでもないので、
客観的に伝えることしかできません。
どっちがいいとかそういうことではなく、

「自分としてはどっちがいいのか」

という判断しかないと思いますが、
もしかしたらこのブログを読んでいる方にも
そういう悩みを持っている方も
おられると思いますので、まだ記憶が鮮明なうちに
ここに両者のメリットを書いていきます。

 

会社員だった方が良かったと思える3つのポイント

 

先ほど「決断して良かった」と書きましたが、
決して良かったことだけではありません。

自己啓発本とかで「起業のすすめ」とかでは
いいことばっかり書いていたりしますが、
体験していたからこそしみじみと実感する
リアルに感じた「会社員のメリット」について
書いていきます。

1、良くも悪くも「先が見える」

よっぽどブラックな企業でなければ、
ある程度「先が見え」ます。
月々の給料からローンだって組めますし、
ボーナスがある月は「これ買おう」とかって
計画も組めます。

しかし自営業の場合はどんなに好調であったとしても
波があります。いい時はいいけれど、
キツい時だってあります。

全ての未来が「予測不可能な状態」であるということが
身につまされて実感しました。

心配性な人には絶対に勧められない条件の一つがこれです。

 

2、休みの日に何も考えなくていい

これは今も痛感していることです。
っていうか会社員時代には
暦通りの休みとなっており、
三連休があったらそれは三連休なんですね。

そりゃ多少は気にはしますよ、
「月曜日までに資料作らないといけない」
とか「商談控えているからロープレしよう」
とかあるとは思いますが基本は

「就業時間終わったら終了」

という感じでオンオフが切り替え
できるのが会社員のメリットだとこれまた痛感。
(部長職などの幹部の方は別かもしれませんが)

めっちゃ仕事も早く終わって、
かつ報酬もすごい多かったら
思い切って「一ヶ月バリ島で過ごしまーす♪」
なんてことも言ってられるかもしれませんが、
一年目でそんな余裕はないわけですよ。

そんなこんなで2日連続で休んだ記憶がありません
(マジで)

会社員を辞める前は

「自由になったからいろいろ撮影旅行でも行こう♪」

なんて思ってましたが、そんな余裕はどこ吹く風です。
せめてちょっと空き時間が出来て自転車に乗るくらいが
せめてものご褒美くらいでした(笑)

3、会社が評価をしてくれる

これ一見デメリットにも思えることのようですが、
結構デカいです。

会社員の時って良くも悪くも定期的に
「評価」って出るじゃないですか。
ボーナス支給とか昇級とかね。

半年に一回とかそういうのが出ることで
「自分の座標軸」っていうのがよく分かる。

それが自分一人でやっていると
「俺いま大丈夫なんかな」という
疑心暗鬼に襲われる時が初期の頃はありました。

別の表現で言うと「地図を見る上でのコンパス」
みたいな感じですかね。
評価という「コンパス」を持たずに地図を見ながら歩いているような
錯覚に陥ることが最初の頃はありました。

ただ最近はその辺も含めていろいろ考えても
「なるようになる」と思えて、バカボンのパパのように
「これでいいのだ」と言い聞かせる術は身に着けましたが。

上記3つが個人的に思う「会社員であることのメリット」です。

もしも、「会社辞めようかな」って思う人がいたら
上記の3つをしっかりと理解した上で
メンタルで克服できる方なら次の段階に
進んでも大丈夫なのかな、と思います。

 

自営業になって良かったと思える3つのポイント

 

上記に書いた「会社員であるメリット」も
もちろん理解した上で、
いまでは「自営業」の道を選択して
良かったと思います。

その理由を3つ挙げていきます。

 

1、時間は全て自分で管理できる

この感覚は研ぎ澄まされました。

会社員時代というのはすごい悪い表現をすると
「9時から18時まで」ちゃんと出勤していれば
お金が入ってくるですよね。

でも、逆に自営業の場合そういうのは
全く関係なくなって「アウトプット」
が全てになります。

いろんな見方ができるんですが、
終わらなかったら就業時間とか何も関係なく
「時間無制限」で終わらせる必要があるし、逆に
早く終わったのであれば、
自分の時間として午後から休みを取ったって構わない。

つまりどういうことかというと、
「時間対価としての仕事」
という意識が180度変わりました。

結果的にアウトプットの質を高めながらも
スピードを上げることに重視するので、
おそらく仕事のパフォーマンスは
大幅に向上できたのかと思います。

ただ仕事のボーダーラインを自分で決めないと、
ついついダラダラやってしまったりすることも
多々あるので、この辺の線引きをした上で
しっかりと休養するということが
これからの個人的な課題となります。

2、機材にバンバン投資できる

この辺はブログを読んでいる方には
伝わってるとは思うのですが
会社員時代には給料の「上限」って決まってるので、
簡単に大きな買い物ってできないんですよね(笑)

ただ、ありがたいことに大好きな撮影機材が
大事な商売道具になるので自分で
仕事をこなして稼いだ分を、
バンバン次のワクワクする映像のために
「投資」できるということが最高の幸せです。

欲しいな〜と思っていた機材を
次の仕事の収入で投入して、
またお客様にも喜んでいただいて、
さらにコチラのブログでも紹介できて
読んでる皆様の「人柱」にもなれるという
最高の「エコサイクル」で回っていることに
本当に感謝です(笑)

余談ですが、
実はまだブログでもご紹介していない比較的
「大物機材」がありますので、
また今後の記事もお楽しみに♪

3、全ての選択権は自分にある

僕の場合、これが全てでした。

この一年間を振り返った時に
「心がワクワクした瞬間に動ける」
ということが一番の幸せでした。

ありがたいことに
そういう出会いがたくさんあった一年でしたが
そういう話をいただいた時に

「あ、じゃあいまから行きますよ!」

って言ってすぐに行動に移せたのが
全て今につながっています。

自分が全く同じ人間であっても、
「今度の土曜日だったら空いてるんですけど」
とかの返事だったら
きっと逃してしまったことがたくさんあっただろうし、
何よりも「会いたいと思える人に会える」という自由が
僕にとっては今一番ワクワクしています。

もちろん会社に勤めていた時には逆に
「クライアント」として営業の方が色んな提案とかで
来ていただくこともありましたがそういう関係ではなくて、

「もっと面白いこと一緒にやらない?」

みたいな出会いが本当に楽しくてしょうがないです。
もちろん昔のようにメーカーの看板を
背負っていないので、ゼロから関係を
構築していく苦労はありますが、
そこで築き上げたものはおそらく一生の宝物にも
匹敵するものだと実感しております。

そのためにも、
自分自身も期待に応えられる自分であるように
成長しないというプレッシャーももちろんありますが、
今はその環境が楽しくてたまらないという感じです。

最近は忙しくて全然行けてないのですが、
自転車でロングライドをしているような感じです。

遠くを目指して、毎日毎日地味ながらも
ペダルを漕いでいるようなそんなイメージ。

途中で脚が痛くなったり、
休憩したくなったりしながらも遠くの
ゴールを目指して「自分の脚で進む」。

きっとその感覚を味わいたくて、
僕はこの道を選んだのだと思う。

 

どっちがいいかは自分に問いけ続けるしかない

 

と、まあ最後は「自営業最高っす!」
みたいな感じになっちゃいましたが
これはあくまでも個人の意見です、ホントに。

一番大事なことは

「本当の自分はどっちに行きたいの??」

と、自分自身に問い続けることだと思います。

僕は「会社辞めようかな」と思ってから3年間
(ながっ!)
常にそのことを自分に問いかけた結果、
結論を出しました。

非常に苦しい時間でもありました。
なんせテーマがでかすぎるんで(笑)
一人で抱えこむにはあまりにもでかいテーマ。

ただ大事なことは「自分でしっかり答えを出す」
ということ。

参考程度に意見を聞くのはありだと思うのですが、
意見を聞くたびに「やっぱり会社辞めようかな」とか
「やっぱり独立しようかな」と考えるようだったら、
絶対に辞めた方がいいです。

会社員でも楽しく過ごしている人もおりますし、
何より先の見えない世界に踏み込むということは
家族がおられる方は責任も伴うでしょうし、一概に
煽ることは一切いたしません。

自営業はまだ一年ですが、
両方経験してみた結果としての意見を見てみて
「自分はどっちなのかな」って考えるきっかけに
なっていただければと思います。

 

今日は自分にとっても新たなスタートでもあるので、
今一度この映像を見て終わろうと思います。

 

【故スティーブ・ジョブズ, スタンフォード大学でのスピーチ】

 - LIFE LOG, 松本、会社辞めるってよ , ,