Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

GoPro史上最小のGoPro HERO 4 "Session"は独自ドローンへの伏線か?!?

      2016/02/21

GoProhero4 session

あまりにも突然なニュースに界隈がざわつく

 

「え、いまですか??」
というのが正直な感想でした。
このタイミングでの新製品投入というのは(マイナーアップデートは除いて)
ほとんどなくて、大抵が11月のInterBeeで実機お目見えというパターンだったので
まさかの予告なしの新製品投入に界隈がざわついた。

 

 

その名はHERO 4 "SESSION"

 

HERO4とつくということはあくまでも、いま現在のラインナップの一つという
ことでしょう。

詳細のスペック等については以下の画像にリンクを貼りましたのでご参照ください。

 

GoPro HERO 4 SESSION

GoProサイトへジャンプ

 

個人的に気になった点

 

ざっと見た限りで個人的に気になった点を「良い点」「残念な点」の
2つの視点でみていきます。

「良いと思った点」

・従来の半分の大きさ
・ハウジングなしで防水
・逆さま撮影を自動認識で補正
・スーパービュー(広角)撮影
・Protune対応
・タイムラプスも撮影可能

「ちょっと残念だった点」

・スロー撮影をする100fpsは画像サイズが720(フルHDでは撮れない)
・バッテリーが内蔵(これは地味に痛い)
・4K撮影はできない

あと値段、高いっす。
(日本での価格予定52,000円)

早速レビュー動画もありましたので、Youtubeリンク貼っておきます。

 

この小型化でGoProが視野に入れているのはやはり「ドローン」??

 

goproドローン.001

GoProが独自ドローンを開発しているというのはすでにニュースでも
流れているので、もしかしたらこの秋のInterBeeでは独自ドローンを
メイン商品として出すための、「伏線」としての今回の「HERO4 SESSION」
の発表だったのではないかと、個人的には思ってます。

ただそうなると、すでに発売になっているDJI製のPhantom3に搭載されている
カメラは4K撮影が可能なので、カメラスペック的に今回のHERO4 SESSIONは
少し魅力に欠けてしまう。。。


おそらくGoProさんのことなので、独自ドローン発表の際にはもっと高スペックな
カメラを積んでさらにはマシン自体も、すごいものを出してくることでしょう。
(さらに欲をいえばお値段の方も是非、お求めやすい方向で。。。)

 

アクションカムの原点に立ち戻ったGoproの「潔さ」を垣間見る

 

いろんな推測はあるでしょうし、スペックに関しては個人の好き嫌いで
いろんな意見がありますが、今回のHERO4 SESSIONは録画ボタンのみ
を設置して、シンプルな操作に絞り込むなどGoProさんが
「アクションカム」としての原点に立ち戻ったような、そんな潔ささえ
感じました。

今回の「GoPrp HERO4 SESSION」のプロモーション動画がコチラ。

どことなく、2011年の時のプロモーションと似ている感じですね♪

 

これからのGoProさんに期待すること

 

今回のHERO4 SESSIONは機能をシンプルにして、より「アクションカム要素」を
全面に打ち出したタイプとなりましたが、今後GoProさんに期待する点として
もちろんGoProである以上、「アクションカム要素」はあるものの、
「映像機器としてのスペック」の高いものも、もう一つの軸として発展してほしいと
思いました。

例えば今回のモデルだと、モニターで映像を確認する場合はスマホアプリでしか
対応しないですが、やはりリアルタイムプレビューなどの機能はあると便利ですし、
現状はHERO 4のブラックとシルバーを併用していますが、頻度としては
モニターのついているシルバーの方が登場回数が多かったりします。

 

メーカー側としては色んなニーズに応えていくには資源は無限ではないので
大変かと思いますが、今回のようにアクション要素としてのエッジの効いた
モデルと同様に、「映像制作ツール」としてもエッジの効いた機能なんか
を追加してくれたら嬉しいです。(フルHDで480fps可能!とかあったら最高)

と、まあ好き勝手に色々と書かせていただきましたが、HERO4 SESSIONの
登場に、GoProさんの「挑戦する姿勢」を垣間見ました。

おそらくこれは「序章」に過ぎないことでしょう。

このタイミングでこの新製品を投入してきたということは11月の
新製品では相当すごいものがくると思われるので、いまから楽しみです。

 

僕らに、また新しい世界を見せてください。
期待してます、GoProさん。

 

 

 - GoProチャンネル , ,