Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【大和茶PR映像の撮影機材②】空撮として何かと話題のドローンを飛ばす(Bebop Drone)

      2016/02/21

Bebop drone

大和茶PR映像の撮影機材第二弾はドローン

 

何かと話題過ぎて、ちょっと無駄に疲れてしまった感のある「ドローン」です。

僕が買ったのはParrot社製のBebop Droneだったんですが、これが
到着した日に「首相官邸でのドローン事件」が発覚。

その時の記事はコチラ

そして火に油を注ぐように微妙に鼻だけを隠している「マスク小僧」の
登場から各地で相次ぐ「飛行禁止条例」で一気に「犯罪者ツール」と
見なされるようになってしまったのは記憶に新しい。

そんなこんなで飛ばす場所がなくなり、結果的に3回目くらいでこの
本番の撮影を迎えることになりました。

ちなみに今回の撮影は広大な私有地の茶畑で許可をいただいた上で
撮影していることをお伝えしておきます。

完成した映像はコチラ

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

Parrot Bebop droneは操作が非常に安定していた。

 

ちなみに今回僕が購入したのはBebop Droneのスカイコントローラーセット
だったのですが、これがまた非常に安定しておりました。

日本でメジャーな操作方法の「モード1」ではなく逆の「モード2」
だったのですが、すぐになれることができました。

 

風があっても比較的安定しておりました。

上空から撮影

この撮影はバックをしながら撮影しました。

 

後退して撮影

 

 

とにかく安全には万全を図りました

操作が安定しているからとはいえ、いつ何があるかは分からないので
とにかく気をつけました。

40人近く参加者がおられたのですが、飛行時には全員に飛ばす旨を告知し
子供さんがおられる場合は親御さんが近くで守るように呼びかけての
飛行といたしました。

また、私有地ではあるものの飛ばし過ぎると村の方に行ってしまい
下手すると「プライバシーの問題」にも抵触する可能性があったので
必ず目視できる範囲で、無茶な飛行はしませんでしたよ。
(って誰に言い訳してるんだ)

 

いろいろ言われているけど純粋に楽しい

使い方と使う場所によっては確かに危険だったりすることは否定しないです。

ただ、今回撮影して思ったんですが純粋に楽しいです。

 

っていうか楽しすぎます。

 

かつてライト兄弟が空に憧れたように、上空から見た視点というのは
人類の永遠の憧れなのかもしれません。

子供達だけでなく、大人もみんな夢中に見てましたしね。

今は悪いニュースとか規制とかでかなり肩身が狭くなってしまったドローンですが
例えばこういうような広大な私有地とかを解放して堂々と飛ばせるような
環境が整っていくことを心より切望いたします。

ただある意味これだけ関心が集まっているということは誰もが
「可能性に注目している」ということの裏返しでもあります。

いろんな方面の調整は必要でしょうが、ただ「危険性」だけでなく
ワクワクするようなことにフタをするのではなく、もう一方で
「可能性」(映像表現という点においても)にも着目して
いい状態になることを切実に願います。

 

だってさ。。。

 

15万円出して買ったのに
まだ3回しか飛ばせてないんだもの。

 

【今回の撮影機材レシピはコチラ】

 

 - 愛用機材レビュー , , ,