Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

なぜ「DJI Phantom3」でなく「Parrot Bebop Drone」を選択したかの個人的ポイント

      2016/02/21

Bebop drone.001

すっかり「ドローン騒動」で書くのが遅れてしまいましたが、
今回は個人的な「買い物のポイント」について書いていきます。

「ドローン騒動」に関する個人的な思うことについては前回の記事をご参照ください。

 

なぜ「DJI Phantom3」ではく「Parrot Bebop Drone」にしたのか

 

今回購入したのがこちら

Parrot社製のBebop Drone。

(しかもプロポセットの高い方ね)

BEBOP DRONE

実はほぼこれにしようと決めていたのですが、そこで登場したのが
DJI PHANTOM3

いやー、この発表には揺れました。

おそらく10人中8人はDJI PHANTOM3に行くはずのところがなぜ
Bebop Droneにいったのか。。。

その葛藤の過程を忘れないうちに記事にすることで、購入を悩んでいる方の
指標の一つのポイントとして参考になれば幸いです。

 

そもそも自分の基準を考えてみる

 

実はこれが一番大事なのですが、「自分にとっての基準は?」っていうのが
すごく大事です。いくら周りの人がいいと言っても自分にとって必要がなければ
それはいいものではなくなってしまいます。

まず自分にとっての基準をあげると2つでした。

1、基本はホビーユース

そもそも業務用としては考えていないということ。
もし使うとしても個人のYoutubeチャンネルでの映像くらいで考えていたこと。

つまり「映像のクオリティ」というよりも「楽しいかどうか」ということが
重要だということです。

2、持ち運びが楽かどうか

これは上のポイントにも通じるのですが、「業務」じゃないんで
基本荷物がかさばったら持って行くのも面倒くさくなって結局使わないので
「持ち運びが楽かどうか」というのが2つ目のポイントとなりました。

 

最後まで悩んだ3つのポイント

 

上記の2つのポイントからほぼBebop droneに決めてはいたものの、
最後までPhantom3と悩んだポイントが3つありました。

1、金額はちょっとしか変わらない

4Kが撮れるタイプは3万から4万くらい上乗せしないといけなかったものの、
フルHDの撮影が出来るタイプだったらほぼ同じくらいの金額。。。
しかも今回のタイプから標準でFPV(ipadとか使ってのモニタリング)も
出来るということで、もうちょっと値段が高かったらあっさりと決められたのに
ここはかなり悩みどころでした。おそらく一番の悩みどころでした。

2、4Kが撮れる!!

上記のPhantom3のPVでも見せつけられたように、以前であれば40万くらいする
Inspire 1に搭載されていた4Kカメラが上位モデルにはついている。。。

うーむ。ホビーユースで考えていたものの、もし最高に綺麗な場面があったとしたら
やはり悩んでしまうんだろうか。。。ここでも葛藤がありました。

3、なんといってもPhantomはメジャー

すでに流通しているものも多い、ということはやはりいろんな情報を交換できる
コミュニティもすでにあるし、さらにいうとスペアパーツ等も豊富にそろっている
というメリットがあります。

 

ではどうやって決断するに至ったのかの「判断材料」

 

上記の3つの「悩ましいポイント」があったら、普通はPhantom3に
行ってると思うんですが、何が決め手となったのか?

 

1、機体が小さい!

このポイントが結構高かったです。

屋外で飛ばす際にはガードの「ハル」という部分を取り外すのですが、
一眼のカメラと比較するとこれだけ小さい機体になります。

bebop drone

これくらいの機体であれば、かなりコンパクトに収納出来るというのが
実際に自分が使うイメージとしてすごく遊べそうな気がしました。

 

2、バッテリーが安い!

もともとセットには3つ同梱されてます。(一つはプロポ用)

で、一個で飛べるのが10分くらいで、Phantomに比べると飛行時間は半分くらいなのですが
サードパーティ製のものであれば非常に安く手に入ります。

僕は追加で3つ買って、実質5本を飛行用として揃えました。

せっかく持って行ったにもかかわらず、ちょっとしか飛ばせなかったら
もったいないけれど、バッテリーにお金がかかってしまうのはちょっと
しんどいと思うとこの安さは非常にありがたい。

そしてバッテリー自体もコンパクトでありがたい!!

このバッテリーの安さで、購入モチベーションは80%くらいまで上昇しました。

bebop drone

 

3、最後は直感

もう単純に「カッコいい」ただそれだけでした(笑)
ここはもう理屈じゃないんですよね。

bebop drone

 

以上のような思考の過程を経て購入いたしました。

 

さていかがだったでしょうか。

今回はごく個人的な「購入のポイント」で結論を出すまでのプロセスを書いてきましたが
これは今回のドローン購入だけでなく、他の買い物をするポイントでも使えます。

大事なことは「自分にとって必要な基準は何か」ということを明確にしておくと
迷うことなく決断が出来るということです。

あ、あともう一つ忘れていましたが、実はすぐに使う予定があってPhantom3だと
それに間に合わないという理由もありました。

ということで、最後に付け加えるポイントは「タイミング」というポイントでした。

以上、Phantom3ではなく、Bebop Droneを購入したポイントでした!

今度は実際に使ってみての感想などを書いてまいります。

 

 - 買ってみたよ , ,