Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【動画制作おすすめ本】クライマックスまで誘い込む 絵作りの秘訣(ボーンデジタル出版)

      2016/02/21

クライマックスまで誘い込む

動画制作における「構図」のヒントとなるビジュアル本

 

『クライマックスまで誘い込む 絵作りの秘訣』
ストーリーを語る人のための必須常識:明暗、構図、リズム、フレーミング
マルコス・マテウ=メストレ著

ボーンデジタル出版

先月東京のボーンデジタル出版さんにお邪魔させていただいた際に
献本いただいた中の一冊です。

 

冒頭の説明で引き込まれる。

 

絵作りの秘訣

この本のテーマは「ストーリーを語る絵」ということです。

冒頭の概要にはそのことに関する4つの記述がありました。

1、考え、感じましょう。
ストーリー、シーケンス、ショットとは、何でしょう?

2、どうすれば観客を私たちの世界に
引き込めるのでしょう?

3、ストーリーの全般的なトーン/一貫性

4、「語る」のではなく「感じさせる」

以上「ストーリーを語る絵」の概要より抜粋

 

うん、そういうのをちゃんと扱える映像って作りたいですよね(笑)

で、この本は基本的には「映画作り」を扱っていると思うのですが、
全ての動画制作において大切な要素がこの冒頭の説明に凝縮されておりました。

 

伝わる映像作りの難しさ

 

カメラの録画ボタンを押せば映像は撮れるし、つないだら一通りの映像は
もちろん完成します。

でもそこで一歩踏み込んで

「伝えたいことが伝わっているのか」と考えることが大事

ということがこの冒頭で伝えられていると思いました。

・「もっと伝わる撮り方があったんじゃないだろうか」
・「もっと伝わるつなぎ方があったんじゃないだろうか」

冒頭の説明の一文

考え、感じましょう。

 

この短い一文に全てが凝縮されているように思えました。

 

アメコミ調の解説が見ていて楽しい

 

「直感で伝える」っていう感じですかね(笑)
気軽に読み始められます。

絵作りの秘訣

絵作りの秘訣

パラパラと見ているだけでもなかなか見応えがあります。

 

構図の解説もあり

 

絵作りの秘訣

絵作りの秘訣

動きを与えるために配置する構図なんていうものも、左下の構図を元に参考例があります。

これも見ているだけで楽しい。

またその構図が連続のシーケンスになった際にどのようにつながるかということも
記述があったりします。

絵作りの秘訣

 

教科書ではなく、「ヒント集」として捉える

 

これ一冊読めば全ての絵作りが完璧になるということはないと思います。

というのも、やはり映像というものには「正解」がないと思います。

すごい極論かもしれませんが、プロの人が撮っためちゃめちゃキレイな
ブライダル映像よりも、親友が作った(技術的に)あまり上手いとはいえない
映像の方が見た人の心を動かす場合があります。

もちろんこういう書籍で得た「もっとこうしたら伝わる」ということは
「知識」として知っておくことは大事だと思いますが、最終的には自分の頭で
「どうやったらもっと良くなるか」ということを悩んで悩んで悩み抜いていくのが
一番なのかもしれません。

一旦は自分の頭で考えてみて、それでもいい答えが出ない時にパラパラと
めくっていくと、いい「ヒント」に出会える、そんな本なのかもしれません。

 

 - 動画制作おすすめ本 ,