Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【動画あり】GoPro × 手持ち電動3軸ジンバル × ヘルメットマウント

      2016/02/21

Gopro gimbal helmet

GoPro用の手持ち電動3軸ジンバル「Feiyu tech G4」を買った時からやろうとしていた。

 

実はコチラの映像でも使用しておりました。

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

手持ちジンバルヘルメットマウントに必要なレシピはコチラ

 

1、ヘルメット

ロードバイクとかで使うようなものだとGoProのマウントをシールで
貼付けられないので、出来るだけシールを貼る場所が多いヘルメットを
選択します。

OGKの以下のヘルメットは安い上に、今回のニーズを満たしております。

 

2、GoProマウントから三脚穴へのアダプター ×2

recmount

以前amazonで激安のマウントを買って大失敗しまして、
今回はREC MOUNTさんの変換アダプターをヨドバシで購入。

 

3、マンフロットのミニクランプ ×2

これはGoProの液晶モニタをつける時にも大活躍した、非常に良いアイテムです。

 

あともちろんGoPro本体と電動ジンバルは必要なワケですが、追加で購入するのは
以上で大丈夫だと思います。

 

では実際に組み立てていきましょう。

 

最初はGoProに標準でついているベースをヘルメットにシールで
貼付けます。

力が分散するように、向きを変えて貼付けます。

GoPro手持ちジンバルヘルメット

 

RECMOUNTの三脚用ネジを取り付けます。

GoPro手持ちジンバルヘルメット

 

でこのネジの上にジンバルを付けるために、マンフロットのクランプを取り付けます。

多分、皆様お気づきでしょうが、この時点でかなり重いです。

GoPro手持ちジンバルヘルメット

最後はここにジンバルを取り付けて完成!!

GoPro手持ちジンバルヘルメット

別名「罰ゲームマウント」とも言う。

 

実際に撮影した素材がコチラ

 

サブチャンネルにて、ちょっと加工してアップした動画はこちら

 

 

↓サブチャンネルの登録はコチラからどうぞ

 

実際付けてみてどうだったかといいますと。。。

 

すげー重かったっす。

分かってたことだけどね。

以前、ジンバルを乗せないタイプのヘルメットマウントも実行したのですが
これも重かったんですが、それをはるかに越えておりました。

 

重さがあるので、かなりヘルメットをキツく締めないといけないので
息がつまりそうでした。

あとはやっぱり車通りの少ないところじゃないと危ないのかなって
思いますので、実際にコレをする場合には周囲には注意することが必須です。

以上、おそらく日本全国で3人くらいしか参考にしないんじゃないかっていう
ブログ記事でございました。

 - GoProチャンネル, 自転車関連 , , ,