Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

ブログ記事執筆の打ち合わせで「ボーンデジタル出版」さんにお邪魔してきました

   

ボーンデジタル出版.001

Facebook経由でお問い合わせいただきました。

 

ボーンデジタルさんといえば、CGなどのデジタルコンテンツの書籍の
代表でもあります。

実は今度発売になる新刊「After Effects NEXT LEVEL」の
ブログ記事執筆の依頼をいただきました。

問い合わせはFacebookページからいただきまして、なんと
ボーンデジタル出版さんの代表の方でした(笑)

 

 

 

 

 

オンライン上のやりとりでも記事を書くのは大丈夫だったのですが
せっかくなので訪問させていただきました。

入り口、お洒落っす!

ボーンデジタル

まだ完成前の貴重な原稿!!
(掲載許可はいただいております)

ボーンデジタル

 

代表の方、以前からブログを読んでいただいておりました。

 

お会いしてハナシをするなかで、
「どのような経緯でMovie For LIfeのブログにたどり着きましたか?」という
ことを質問させていただきました。

するとかなり初期の頃(2011年頃)から読んでいただいておられました。

というのも、初期の頃はFinal Cut Pro Xと平行してMotion5も良く記事に
書いており、そのなかでの「アップルプロトレーニング」シリーズの
高価な本をほとんど揃えておりました。

コチラのシリーズがボーンデジタル出版さんの本でした!!!

その時にはまさか出版社さんにお邪魔するとは思ってもいなかったんですが
分からないものですね〜。

あ、ちなみに過去のブログ記事でもご紹介させていただいた映画制作の資料本

「Film Maker's Eye」もボーンデジタル出版さんでした。

 

出版社さんも「発信する人」を求めている

 

After Effectsを触り始めたのが最近で、ボクなんかでいいのかなと
思ったんですが、ボーンデジタルさんとしてはもっとボクのように
WEB上で発信する人がいないかということを探されておられました。

ボクが珍しいのかもしれないですが、実際に映像を作る人でブログ等で
情報を発信している人というのは非常に少ないということでした。

確かに自分の周りでも定期的にブログやWEBで発信する人は
あまり多くはないように見受けられます。

確かに普段の仕事の合間を縫ってブログ記事を書くのはなかなか
大変ですし、プライベートの時間を削っていることも多々あります。

しかし、こうやって新たな方に出会えるきっかけとなっていることも事実。

独立してやっている以上、このブログ記事自体も「宣伝広告」に
なっているということが言えるでしょう。

 

気になっていたボーンデジタルさんの書籍も献本いただきました!

 

上記で紹介したMotionの本もそうなんですけど、ボーンデジタルさんの本て
そこそこのお値段するんですよね(笑)
(もちろん中身が充実しているからこそなんですが)

今回の依頼とは別に以下の4点も献本いただきました!!

折りをみてレビューさせていただければと思います。

ボーンデジタル

 

ボーンデジタルさん、この度はありがとうございました!!

 - LIFE LOG, 動画編集TIPS ,