Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

2、3泊の出張撮影とかで使うために5WAYのキャリーバッグを購入した3つの理由(Outdoor Products)

      2015/05/28

5way carry bag

 

使っていたキャリーバッグが壊れてしまいまして

 

3年ほど使っていたキャリーバッグのファスナー部分が壊れてしまいまして
買わざるを得ない状況となってしまいました。

出張とまでは行かなくても、ちょっと多めの機材とかが必要な場合は
キャリーバッグに入れて移動をしておりました。

で、せっかくなんでネット等でカメラ機材用とかのキャリーバッグを
探していたんですが、ガチのキャリーバッグとかだと本当に「カメラ専用」
とかになってしまって、出張の際の着替えとかが全く入らないというネックが
ありました。(それをリュック等に入れるっていう選択肢もありますが)

 

そこで購入したのがコチラ

 

Outdoor Products 5WAY ボストンキャリーバッグ

Outdoor Products 5WAY ボストンキャリーバッグ

Outdoor Products 5WAY ボストンキャリーバッグ

 

容量:53L
高さ65cm 横幅 33cm 厚さ29cm

前持っていたキャリーバッグと比較するとこんな感じです。

キャリーバッグ比較

頼もしい感じの大きさに変貌しております。

正直まだ使っていないので、全面的におすすめ出来るかどうかは不明ですが
購入する際にポイントとなった3点について書いていきます。

 

購入ポイントその1〜とにかく大容量

 

例えば三脚と一脚の2つを持っていこうとした時に、今までのキャリーバッグだったら
収納が出来なかったために、荷物の数が増えてしまうということがネックでした。

高さが65cmあるので、一脚をヘッドを取り付けた状態でも収納できるのが嬉しい。

キャリーバッグ容量

さらにはグライドカムも分解しなくても収容可能!

キャリーバッグ容量

あと開いた状態なのですが、キャリーバッグで荷物を取り出そうと思った場合は
全部を開かないと荷物が取り出せません。

その点、今回のものは上部から開けられるので、イベント撮影等でちょっと移動して
撮影したりする際には現場でもスムーズに機材を取り出せるのではないかという点も
今回の購入ポイントになりました。

キャリーバッグ比較

さらに、サイドポケットが3カ所あります。
資料や文房具、小物などを収納するのにこういったポケットは非常にありがたい!!

キャリーバッグサイドポケット

 

 

購入ポイントその2〜タイヤが大きい

 

右が今回購入したもので、左が今まで使っていたキャリーバッグのタイヤです。

キャリバッグタイヤの比較

しっかりと舗装された道路だったら問題ないんですが、ちょっと荒れた道路だったりすると
小さいタイヤだと「転がす」というよりは「引きづる」という感じになってしまいます。

大きさ的には約2倍くらいあるでしょうか。

さすがに未舗装の道路は厳しいとは思いますが、ある程度の道路であれば
スムーズに運搬が出来ることでしょう。

ただ、キャリーバッグは4点タイヤがついているのに対して今回購入したキャリーバッグは
2点のみとなります。
垂直に立てて転がすことが出来ないので、この辺は注意ポイントでもあります。

 

購入ポイントその3〜なんと言っても5WAY

 

5way キャリーバッグ

1、ショルダー
2、肩がけ
3、横ハンドル
4、キャリー
5、リュック

上記5つの持ち方が出来るというのがありがたい。

キャリーバッグリュック

リュックのストラップは通常時は格納出来る

 

リュックを使うかどうかはさておき、キャリーバッグだと通常
キャリー部分と上部のハンドルの2点しかありません。

駅などでも、階段を登らないといけない時にこの2点だと
なかなか大変だったりしますし、実は以前使っていたキャリーバッグでは
持ち手の部分が重さに耐え切れずに破損してしまった経験があります。
(安物だったからかもしれませんが)

そんな時にショルダーで一気にかついでしまえば階段を登るときも
比較的楽に登れるんじゃないかと思いました。

 

でもちょっと心配なことが。。。

 

と、シミュレーション上は非常に良いと思われるのですが
到着してちょっと触っていたらふと不安な点を気づいてしまいました。。。

それは何かと言うと、容量が大きいのはいいことなんですが、
収納スペースがドカンと一個あるだけなんですね。

で、荷物を積む時っていうのは横にして積むと思うんですよ。

こんな感じで。(赤い部分が荷物ね)

キャリーバッグ積む時

 

 

で、こうやって丁寧に荷物を積んだところで、
実際に運ぶと。。。。

 

キャリーバッグ運ぶ時

 

ぜったい荷物こうなるよね?

 

 

こんなキャリーバッグはいやだ

 

撮影とか行ってるとたまにお土産で「みかん」もらったりするじゃないですか。

で、その「みかん」を何も考えずに底の方に入れてたら機材とかに
押しつぶされてしまう可能性があるということですね。

で、押しつぶされるだけだったらまだいいんだけど、それが
汁が出て歩く軌跡みたいになったら嫌ですよね。

「歩くミカンジュース製造機」

みたいな。

そんなことはないだろうと思うけど。

 

収納ボックスで小分けにする必要があるかも

 

上記の例は冗談として、実際問題フラットに荷物が詰めないという懸念点を
解消する一つのポイントとして「収納ボックスで小分けする」という
工夫が必要かもしれません。

収納ボックス

コレは実際にボクが家で使っているバッテリーボックスなんですが、こういうボックスで分けて
入れておけば荷物が偏るということも解消出来るかもしれません。

また、撮影のプランによって事前にボックスに振り分けておけば
そのまま詰め込めば大丈夫という効率化にもつながるのではと思いました。

 

まとめ

 

今までに何個もカメラバッグは買っていますが、理想のカメラバッグというのは
なかなか出会うことが難しいです。

というのも、撮影に必要な機材とかはそれぞれのスタイルによってバラバラで
ある人にとって最高のものも、ある人にとっては物足りないということも
あります。

実際に使ってみて「ストレスなく使えるかどうか」というところが
ポイントになるかと思われます。

今回はポイントを3つに絞って購入した理由を書いてきましたが、
「自分にとってゆずれないポイントは何か」という基準をもって
探してみると、いいものが見つかるのかもしれません。

まだ実際に使用したわけでもないので
万人に今回のアイテムをおすすめすられないですが、
「買物をする上での基準」という点で参考になれば幸いです。

 

【今回ご紹介したアイテムはコチラ】

 

皆様のおすすめキャリーバッグありましたら教えてください

 

今回ボクは上記の基準でコチラのバッグを購入しましたが
皆様はどのようなキャリーバッグ等をお使いでしょうか???

もしおすすめのバッグ等ありましたらコメント欄や
Facebbokページ等で教えていただければ幸いです!

 

 - 買ってみたよ , ,