Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

【コラム】続ける仕組み 〜小さな「自己ベスト」を365回更新する〜

   

続ける仕組み.001

新年の目標というブログ記事を5日に書いた前後から、実はジョギングを
するという習慣が実は続いています。
といっても、めちゃめちゃハードなワケでもなく家から20分ほど走って大阪城まで行き、
大阪城周辺を3〜4km走って、合計で1時間弱の軽いジョギングです。

新年の目標ブログ内でも書いていたように、今年はとにかく思いついたら「すぐにやる」
ということの実践形でもあります。

とはいってもまだまだ始まったばかりなので、これが続くかどうかの保証もないので
あえてこうして書くことで、自分に言い聞かせるというのも一つの「続ける仕組み」で
ありますが、ここでいくつか思ったことがあるので忘れないうちに書いておこうと思う。

 

2、3回続けるまでが一番しんどい

 

いまでこそ、途中で休まずに(といってもめちゃめちゃ遅いが)走り切ることが
出来るようになりましたが、最初の日なんて家を出て数100m走っただけで、足が
重くなるは、呼吸は苦しくなるわで、体力の低下に愕然としました。

そして2日目。筋肉痛の足を引きづりながらも、同じコースを休みながらも完走。
(といってもせいぜい3、4km)

思い返してみるとこの2日目を乗り越えるまでが一番きつかったと思う。

そこからは「昨日ここで休んだから、ここは走りきろう」などと具体的な目標が出来る。
で、この辺まで来ると「明日はもうちょっと早く走ってみよう」とかいう目標が
段々出てきて楽しくなってくる。

 

実は「毎日続けよう」と思っていなかった

 

新年の目標ブログでも書いたように、ボクは多分コッチ派なんだなと改めて思いました。

そして「今年はジョギングを毎日続ける」なんていう目標を立てたりもしなかった。

とりあえず「健康のためにジョギングでもしなきゃな〜」と思ったことをすぐに行動に
移して、「走った」という「事実」を残すことにした。

で、その次の日も「足が重いけど走ろう」と思って、「足が重かったけど走った」
という「事実」が出来た。

この「事実」を積み重ねていくことこそが、重要だと思った。

正月早々に過去の自分の整理をする為に綴ったシリーズ
「松本、会社辞めるってよ」シリーズは多い時で一日に8記事も書いた。

今までこんなにたくさんのブログ記事を書いたことがなかったけれど、

 

「やろうと思えば一日8記事くらい書ける」

という「事実」が残りました。

おかげさまで今日この記事も本日の3つ目の記事となっております。

ジョギングを始めて良かったこと

 

すごいざっくり言うと「前向きになれる」っていうことでしょうか(笑)

「オレ、いま健康に向かって前進してます!」

 

でも実際そんな感じです。

というか、会社を辞めてからの撮影がない日とかの過ごし方がちょっとひどかった。

編集とかこれからの段取りとかで一日中こもっていて家から出ない日も実はありました。
そうなってくると段々効率も悪くなってくるし、精神的にもかなり滅入ってきます。

そして皮肉なことに、部屋の中で「じっくり考えよう」としているよりも、むしろ
走っている最中に色んなアイデアが浮かんでくることが多々あります。

いやむしろ動いているからこそ、結果的に脳細胞が刺激されているのかもしれないですが、
精神的に良いということも副次的に得られたプラス効果のようです。

コレは想定外でした。

続ける仕組み作りのコツは「自己ベスト」の更新

 

別にジョギングしなくてもいいと思うんですが、せっかく新年が始まったばかりなので
やはり、2014年とは違って更に進化したいと思います。

「大きな目標」を掲げるのももちろん大事ですが、

「小さな自己ベスト」を365回更新していく

そんな感じで毎日過ごしたら、きっと2015年は素晴らしい年になるでしょう。

(実際はもうすでに14日なので、残り351回ですが)

 

(この動画のアイデアもジョギングしている時に浮かびました)

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 - コラム