Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

「松本、会社辞めるってよ」EPISODE 6 〜営業から販売促進の業務へ転向〜

      2016/02/21

松本、会社辞めるってよタイトル6.001

Movie For Life管理人の松本です。

このシリーズではボクが会社を辞めるまでに至った「小さなきっかけ」の
積み重ねを綴っていきます。

前回の記事ではiMacを手に入れてひたすら友人、同僚のブライダルムービーを
作るということまで書きました。

今回の記事はそこから次へのステップにつながるということを書いていきます。

 

会社の同僚の結婚式に参加した役員の方から。。。

 

これは後から聞いたハナシなのですが、

同僚の結婚式ということで、たまに役員の方も出席されることがあったのですが、
そこで映像を見た役員がどうやら感動いただいたようで、

「アレ、誰が作ったんだ?」

という一言がきっかけで、本社の「販売促進部」の部署に異動することになりました。

もともと営業で入って、全国転勤を覚悟していたところのまさかの本社部門での仕事。

ここでもかなり鍛えられました

今までブライダルでガンガン作っておいた経験がここで生きました。

というか、かなりの種類がありました。

・イベント演出映像
・イベント映像の撮って出し
・社員のiPad用の販促ツール
・WEB動画
・教育用映像
・店頭プロモーション映像

年間で100本近い映像をやりました。

 

【追記2015.1.4】

上記の記述に関してはビデオサロン2015年1月号でも
ご紹介いただいております。

 

 

同時に孤独な闘いでもありました。

 

ブライダルと同様に新たなミッションを課せられたら意外と燃えるタイプでして
どんどんと仕事をこなして、スピードを上げることにも注力をして夢中になりました。

ただ一つしんどかったのが、「誰も相談する人がいない」ということでした。

たまにiMacが調子悪かったとしても、自分でネットで調べてなんとかするしか
なかったし、とはいっても締め切りがあるので、トラブルを解決してから製作して
帰りが他の人よりもかなり遅くなるということも多々ありました。

帰るのが遅くなるのはなんともなかっったのですが、実は一番辛かったのは

「誰とも情報を共有出来ない」ということ

でした。

自分のやっていることが特殊過ぎたためにこういう状況は仕方なかったのですが、
社内のノウハウとしても、例えば失敗したことなども蓄積していくことが必要だと
思っていたのですが、やっていることを共有できる人が他にいなかったために
悶々とする日々が続いていました。

 

「情報を共有したい」

この悶々とした思いが形となる日はそう遠くなかった。

 

続く。

 - 松本、会社辞めるってよ , ,