Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

「松本、会社辞めるってよ」EPISODE 3 〜運命を変えた「1万円の使い道」〜

      2016/02/21

松本、会社辞めるってよタイトル3.001

Movie For Life管理人の松本です。

このシリーズではボクが会社を辞めるまでに至った「小さなきっかけ」の
積み重ねを綴っていきます。

「心が動いた」という前回の記事から2年後の2004年のお話。
ここでようやく初めての「動画編集」に触れることになります。

 

代理店を招いてのハワイのイベント

 

務めていた会社の周年行事でハワイに行くことになりました。
(今思えばいい会社だったな。。。)

ボクの担当エリアの代理店の方100名くらいを引率することになりましたのですが、
実はそこのトップのマネージャーさんが高齢のために飛行機に乗れないということで、

「みんなをよろしくお願いします」

ということで、なんとお小遣いで1万円をいただきました!

 

これ、どう使おう。。。

 

思いがけずに手に入れた1万円。

みなさんお察しの通り、二人の会話が始まりました。

デビル松本:「ラッキーじゃねーか、ぱーっと使っちまえよ」

エンジェル松本:「ダメだよ、せっかくの気持ちなんだから何かで返さないと」

ちょっと考えている時に前回の記事で書いた親友のことを思い出した。

 

 

「そうだ、ハワイでの思い出を映像としてプレゼントしよう」

遡ること10年前、初めて動画制作に触れた瞬間だった。

 

購入したのはDVDライターだった。

 

早速親友に電話して使っているソフトを教えてもらった。

ソフトではなくて、DVDライターでその中に付属しているソフトを使いました。

確か「SONIC」というソフトだったと思う。
当時はとにかく動画なんてまだまだハードルが高く、写真をスライドショーに
するのが精一杯でした。

ちなみに使っていたカメラは以前の「使っていた機材」記事でも紹介した
400万画素のCanonのコンパクトデジカメのIXYでした。

ちなみに実際にこのカメラで撮影した写真はコチラです。

IMG_0410

IMG_0549

 

勢いいさんで買ったはいいものの、作るのはかなり苦戦しました(笑)

出来たものは写真に動きがあるわけでもなく、今思えば「音楽付きの紙芝居」
レベルだったにも関わらず、自分でも満足だった。

渡したDVDが喜んでもらえたのももちろん嬉しかったんですが、2年前に
まぶしく感じた親友に少し近づけたようで、少し誇らしくもあった。
【ハワイのビーチで広大な海に思いを馳せらす筆者】
IMG_0454

 

運命を変えた「1万円の使い道」

 

もしもこの時、この1万円で普通に遊びに使ってしまったり、または
せめてお土産を買って返したとしていたら、今このブログはなかったことでしょう。

この使い方が正しかったのかどうかは分からないですが、いまの自分としては
「この選択をして良かった」と思ってます。

普通に生活をしていたら1万円はあっという間になくなってしまいます。

美味しいご飯を食べたり、服を買ったり(はたまた撮影機材を買ったり)

ただ時に、運命を変える「使い道」があるかもしれないということを
忘れずにいたい。

思いがけずにお金を手にすることなんてないかもしれないですが、ふと
そんな機会があった時はそれは「選択のテスト」なのかもしれない。

使い方は個人の自由ですが、多分間違いがないと思うのが、
「誰かが喜ぶために使う」ということなのかもしれません。
みなさんは突然1万円が手に入ったら何に使いますでしょうか?

 

 

続く。

 - 松本、会社辞めるってよ , ,