Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

2015年新年の抱負「生き延びる」〜生きていくために必要な3つの仕事〜

      2015/01/23

2015年の抱負.001

ブログを読んでいただいている皆様、明けましておめでとうございます。
Movie For Life管理人の松本です。

新年一発目のブログ記事ということで、恒例の「抱負」について書きます。
2015年の抱負はズバリ

「生き延びる」

2014年最後のブログ記事で、同じことを書いていて新年を迎えてからちょっと
ゆっくり考えていました。

「挑戦」とか「飛躍」とかまー、色々あるんですが、よく考えた結果

「生き延びる」

というのが一番しっくりくるなということでコレにします。

 

サラリーマンを辞めたいま、全てが「自己責任」

 

2014年の9月にサラリーマンを辞めてから半年、引っ越しやら新しい仕事やらで

とにかく振り返る時間もないくらいに忙しかったのが去年でしたが、これは
非常にありがたいことだと思いました。

会社を辞めてからというもの、同じくフリーランスで活動されている方の話などを
お伺いしていると、例えば「半年以上仕事がなかった」とか「今月の生活費をどうしようか」
などという、リアルなお話もお聞きしました。

会社を辞めてからもすぐに仕事があるというのが非常に恵まれたことであるということが
ひしひしと伝わりました。

とはいえ、それは去年の話であって、今年、さらに来年、10年後は分からないというの
がリアルな実情。

テレビでよく「あの人はいま」みたいな当時流行った一発ギャグとかで頂点を極めた
芸能人の特集みたいなのを目にする機会がありますが、まさにあの番組と同じような
環境に自分がいるということも認識せざるを得ないという状況です。

 

「生き延びる」の意味合いについて

 

「生き延びる」と書いてしまうと、「サバイバル」的なことをイメージしてしまいます。

「公園に生えている草でも食べる」

そういうたくましさも欲しいところですが、今回の目標ではそういう意味ではないです(笑)

「今日コレ食べなかったら死ぬ」っていう状況であれば、野草に醤油でもかけて食べないと
いけないかもしれませんが、考えておく必要があるのは「今日の過ごし方」だけでなく
1年後も生き延びていかないといけないし、それこそ10年後、20年後も「生き延びて」
いく必要があります。

 

10年後、20年後も生き延びていくために必要な「3つの仕事」

 

どこかの雑誌かネットの記事で見て覚えてないんですが、「3つの仕事」がある
ということを思い出しました。

 

1つ目「生きて行くために必要な仕事」

これはまさに読んで字のごとく。
「生活をしていくために必要なお金を稼ぐための仕事」
全てはここからスタートしないといけない。

駆け出しの今としてはまだまだ「好きなことだけ」で生きていくなんていう
甘いことは言ってられません。

とは言っても、「生きるため」だけの仕事を繰り返しているだけでは
会社を辞めた意味がなくなってしまいます。

 

2つ目「未来につながる仕事」

これは未来への「投資」という意味合いの仕事になります。

もしかしたら「今の利益」にはつながらないかもしれないけれど、10年後の
仕事につながったり、今よりも大きな仕事になる可能性のある仕事を
意味します。

「投資」というくらいなので、もしかしたら時間と労力だけがかかって
つながらないこともあるかもしれないですが、そこで経験したことは
決して無駄にはならずに、未来へと必ずつながるはずです。

目先の利益だけでなく、未来を見据えた「仕事」も見据えておきたいところです。

 


3つ目「自分の心が満たされる仕事」

最終的にはここにたどり着ければ理想です。

その仕事自体に自分自身も没頭出来るという素敵な仕事。
しかし現状はここで利益を上げるのはまだまだ困難です(笑)

ただ、上記の2つだけではやはりモチベーションの維持が難しくなります。

ボクの場合はこれに該当するのが「Youtubeでの動画制作」です。
(コレは仕事ではないかもしれないですが)

上記の2つと大きく違うのが「見返りを求めていない」という点だと思います。
「やっていること自体が楽しい」という心の状態が非常にフラットなんですね。

そういう状態なので、アイデアが次々に湧き出てきます。

で、実はこの状態というのが新しい知識を吸収したり、自分自身が成長する上で
一番健全な状態なんだと思います。

やっていることは同じなのかもしれないけれど、

「コレをやらなければいけない」と思ってするのか
「コレがやりたい!」と思ってするのか

どっちの方が成長度合いが高いのか、そして持続性があるのかということは
考えてみれば良くわかります。

でもよくよく考えてみたら別に上記の2つのように

「コレは生きて行くために必要な仕事」
「コレは未来につながる仕事」

なんて考えずに、どの仕事にも面白さを見いだしてワクワクするように
持っていけばいいんじゃないか、と書きながら気づきました(笑)

スイマセン、3つに分ける必要なかったですね。

結論:「全ての仕事にワクワクしましょう」

あとがき:2年前の今日

 

遡ること2年前の今日、友人のK君と共に琵琶湖周辺150kmを
自転車で走るということをしました。

↓チャンネル登録はコチラからどうぞ

 

久しぶりに見てこの時のことを思い出しました。
映像にすると6分弱ですが、実際には11時間くらいかかりましたし、
北部の方なんかは雪が残ってるし、途中雨にも降られるわでかなりキツかったです。

計画している段階ではワクワクしていたし、走り出した時なんかもテンションが
上がって、勢いでいけるんじゃないかって思ってました。

会社を辞めてから去年までの自分はこの位置くらいの気持ちだったと思います。

そして走り始めて2時間後、次第に会話はなくなっていき、永遠に続いていきそうな
長く続く道と寒さの中で、若干計画したことを後悔すらもしました。

休憩時にはスマホの地図を見て「まだこれだけしか進んでいないのか」と落胆したり。。

そこで学んだことはただ一つ「ペダルを漕ぎ続ける」ということ。

地図を確認していても進まないし、落胆したところで何も変わらない。

次第に暗くなって行く中、ゴールを目指す時の気持ちとしては
大げさかもしれないですが、まさに「生き延びる」という表現がぴったりでした。

 

サラリーマンを辞めた今、「自分の足で進む」ということを
2年前の自分の経験から教えてもらいました。

 

「人生」という名のロングライドは始まったばかり

 

飛ばし過ぎて体力を消耗してもいけないし、遠くを見過ぎて途方にくれてもいけない。
一歩一歩「今出来ること」に集中して、一つ一つしっかりと積み重ねて行く。

そんなことを胸に「たくましく生きて行く」という意味を含めて今年の抱負は
「生き延びる」というシンプルなテーマで行こうと決めました。

皆様にとっての2015年も驚きとワクワクに満ちた1年でありますように!

本年もよろしくお願いいたします。

 

(2015年元旦の大阪城公園から見えた初日の出はコチラ)

 - LIFE LOG, コラム