Movie For Life | DJI・GoPro・一眼で動画編集の楽しさを伝えるブログ

脱サラ動画クリエイター松本敦がお送りする「レンズの向こう側にあるワクワク」を届けるブログ

GoProが「ウェアラブルカメラの王者」になったのは「手段」と「目的」が逆になった「本末転倒なカメラ」だったからじゃないかな。

      2014/08/17

GoProカテゴリ

過去ブログカテゴリ「GoPro」へジャンプ

夏本番ですね!!
夏といえば、GoPro!
この季節がやって参りました!!

新規にオープンしたコチラのWordpressブログでも、GoProについて
じゃんじゃんアップしたいと思います。

ちなみにどれだけ、ボクがGoPro好きかと言いますと、
過去ブログにおいて、GoPro関連の記事を131記事も書いてしまったくらです。

そこでコチラのブログでも原点に戻り、改めてGoProの魅力について書きます。

出会いは2011年の夏だった。

 

友人から誘われて、ラフティングに行くことになったボクが
まず最初に探したのが「防水iphoneケース」でした。

ただ、なかなかいいものに巡り会えない中で、たどり着いたのが
GoProでした。

買ってから嬉し過ぎて、すぐに自転車に取り付けて遊びました。

 

うわ!!「何コレ!!!」

今までのカメラで見たことない世界が撮れることに感動したことを
今でも覚えています。

【で、実際にラフティングに行った時の映像がコレ】

 

 

開発者が究極の愛用者だったこと

 

GoProを開発した「ニック・ウッドマン」さんはもともとカメラの技術者ではなく
サーファーの方でした。

「波に乗っている、イケてるオレ」が撮りたくって、
GoProを開発しちゃったっていう素敵な方ですね。

この辺が、Appleと似ているところかもしれないですが、視点が完全に「愛用者視点」
細かいスペックがどうこう(もちろんあるけど)よりも、「自分が欲しいかどうか」
ということにこだわっているということ。

 

愛用者が勝手に「宣伝マン」になっていくコミュニティ

 

GoProで欠かせないのが「Youtubeチャンネル」
ボクもラフティングに行く際に、GoProのYoutubeチャンネルを見て速攻で
買おうと決めたくらいです。

 

とりあえず公式のムービーはちょっとすごすぎる。

もう完全に「どや!!」って感じですよね。

ただ、GoProコミュニティチャンネルではこういう公式以外にも
一般の人が作ったものまでもピックアップしています。

 

「GoProマジすげー!」と、圧倒するだけでなく「あ、こういう使い方も出来るんだ」

ということも教えてくれます。

他にもたくさんのGoPro動画がYoutubeチャンネルにはアップされておりますが、
どの動画にも共通している要素が

なんかみんな楽しそう

このことが共通していることが分かります。

GoProユーザーはこうやって、自分の撮った動画をアップすることで
コミュニティの一員になることで、さらにGoProを楽しむ。

 

「手段」であったカメラが「目的」に変わった。

 

基本カメラというのは「撮影する」という手段であったはず。

たまたま「ラフティングに行く」というきっかけがあって購入したGoProでしたが
ラフティングが終わったあとの自分の行動はというと、

「どこにGoPro持って撮影に行こうかな」

と、考えていたくらいでした。

 

 

【GoProもってなかったら多分行かなかった旅映像】

 

番外編はコチラ(笑)

 

 

【結論】GoProは人の行動をアクティブにする力がある

 

そういえば、何かの本でこんな一説を読んだことがある。

「人は幸せだから笑うのではない、
笑うから幸せになるのだ」

何かポジティブになるための本だったような記憶がありますが、
まさに逆転の発想。

これを今回の視点で言い換えるなら

「撮りたいものがあるからGoProを買うのではない、
GoProがあるから撮りたくなるのだ」

とでもなるのでしょうか。
まさに撮影するという「手段」が「目的」に変わったと言えるカメラでしょう。

GoProはそのあたりのマーケティング手法が本当に優れていると思う。
スペック的に言うならば、日本のメーカーだって負けていない。

Sonyは手ぶれ補正はついているし、Panasonicのは4Kで30fpsの撮影だって
出来てしまう。

でも今のウェアラブル市場におけるGoProの一人勝ちというのを見ると、
「人はスペックでは心が動かない」ということを証明しているようにも思える。

「なんかコッチの方が楽しそう♪」

結局人間の心が動くのはそういう単純なことなのかもしれない。

 

この夏、なんの予定も立てていない方、

「GoProを買ってから、行き先を決める」

そんな本末転倒な夏にしても良いのではないでしょうか。

 - GoProチャンネル , , , ,